テンプレ謝罪で臭い物にフタな自治体の典型例ですか?大田区職員による生活保護受給者の金銭(8万5千円)着服

もと大田区議会議員 岡 高志です。
あんまりな報道事実にふれたので、政治的なブログを書きます。

大田区職員が生活保護受給者の金銭着服という事案が本日、多くのマスコミに取り上げられていました。

20代の若い職員が、8万5千円をネコババした20代職員が実名報道されてますが、ここでは匿名にしておきます。

詳細は本日1月30日付の大田区のプレスリリース

「元区職員による生活保護受給者の金銭着服について」

1月28日、元大田区職員(平成31年4月5日付け退職)が、業務上横領の容疑で蒲田警察署に逮捕されましたので、公表いたします。

1 逮捕された元区職員
氏名・年齢 S(匿名男性)・29歳

2 事件概要
警察によると、元区職員は平成30年12月に、担当していた生活保護受給者の生活費合計85,000円を着服した疑い。
平成31年1月下旬、生活保護受給者が入所している施設から当課あてに、施設利用料が支払われていないという問い合わせがあり、所内で事務手続きや預金の管理状況等の内部点検を実施したところ、不明な預金の引き出しのあったことが判明しました。
区では、所轄警察署に相談し、継続して対応してまいりましたが、本年1月20日に告発状を提出するに至りました。
本日、1月28日に元区職員が逮捕されたことが警察から公表されましたので、本区から本件を公表いたします。

3 現時点での対応
上記の事案判明後、福祉事務所における現預金の管理の体制やチェック機能を検証するとともに、管理状況の総点検を行い、新たな金銭等管理マニュアルを令和元年6月に改定し、改めて職員全員に周知徹底しました。今後も定期的に研修等を行うことによって、福祉事務所全体で再発防止に努めてまいります。

4 区長コメント
 生活保護という区民の生活を支援する職務を担っていた区職員(当時)が生活保護受給者の金銭を横領した容疑で逮捕されるという、あってはならない不祥事を起こしたことを、区民の皆様並びに関係各位に深くお詫び申し上げます。
任命権者としての責任を重く受け止めており、二度とこのような事態が発生しないようにしっかりと再発防止策を講じてまいります。
今後も警察の捜査に全面的に協力するとともに、区民の皆様の信頼回復に向けて、組織を挙げて全力で取り組んでまいります。

実に突っ込みどころ満載の謝罪文。

時系列を整理すると

2019年1月(平成31年1月)に入所施設から支払われていないとの問い合わせ。
それで、内部点検を実施したところ、横領が判明。
2019年4月5日、当該職員が退職。
2019年4月14日から 4月21日は、区長選挙でした。 (ついでながら。)
大田区では、所轄警察署に相談し、継続して対応。
2019年6月、金銭等管理マニュアルを改定し、改めて職員全員に周知徹底しました。(とはいえ、横領の事実は伝えてないでしょうね。)
2020年1月20日に告発状を提出。
2020年1月28日に元区職員が逮捕されたことが警察から公表。
2020年1月30日、大田区から本件を公表。

あってはならない不祥事 ”と区長コメントにある割には、事実認識から1年も公表しない。当該職員をクビにして9カ月もたってようやく公表。
この姿勢である。

隠蔽体質しか感じない。

区長の謝罪コメントはやっぱりテンプレ

区長コメントに踊る文言
”再発防止策”
”区民の皆様の信頼回復に向けて、組織を挙げて全力で取り組んでまいります。”

既視感があるなと思ったらここにありました。

区の正規職員が納税者情報を目的外で入手して区民にストーカー行為をして逮捕された事案 のところ。
”再発防止に向けて”、”綱紀粛正を図った”、”全力を挙げて区民の皆様の信頼回復に取り組んでまいります。”などとなっておりました。

この不正事案の本当のところはどうなの?

” あってはならない不祥事 ”と区長コメントであるし、実名報道させてるくらいだから、横領額は85,000円どまりとは思えない。
逮捕される事案なのか?
1年も内部調査した結果が、本当に 85,000円どまりの横領金額なのか??

大田区にある羽田空港に、コロナウィルスに罹患した疑いのある人々が到着することも気になるでしょうけども

現職の区議会議員各位におかれましてはしっかり追及してほしいものです。