終活のお悩みに寄り添ってきた専門家が開発した遺言書自動作成サイト

遺言書AIタイトル
AI時代の遺言書自動作成サイト「遺言書AI」リリース

「法律に詳しくないから書類作成は不安」との声は多いです。
でも、ルールを守ればご自身でも遺言書作成はできるんです。

遺言書は民法を意識して作成しなければいけないので、法律に詳しくないと間違って書いてしまうかも。そうした不安をもって、行政書士など法律専門家に支援を求める方は多いです。でも、一定のルールを守れば、ご自身で簡単に遺言書が作成できます。

その一定のルールを反映したWEBサイトを用意いたします。

専門家が個別に相談を承る時代も変わり始めています。遺言・相続についての悩みをどう解決するかインターネットで調べる高齢者も多くいらっしゃいます。インターネットで悩みに寄り添って遺言書を作成できるサービスを整備することが専門家に求められていることから、遺言書自動作成サイト「遺言書AI」を開発しました。

利用者の方に寄り添ってきた専門家が、
使い勝手にこだわって開発しました。

すでに、遺言書自動作成サイトはいくつか世に出ていますが、使い勝手に課題があるものが散見されます。利用者の中心が高齢者であることを意識すれば、字が細かいサイト・アプリは敬遠されるものです。UIのわかりやすさにこだわったシンプルなWEBサイトを構築しました。筆者自身が専門家として高齢者の相談に乗ってきたそのノウハウが活きています。遺言書作成の部分は自動化されていますので、一度開発してしまえば運営コストはかかりません。そのため、お客様の利用は無料としております。

公正証書とするために、公証役場と調整する部分だけを有償サービスで提供しております。

ぜひ遺言書自動作成サイト「遺言書AI」をご利用ください。

パソコンと天秤イメージ

「法律に詳しくないから書類作成は不安」との声は多いです。
でも、ルールを守ればご自身でも遺言書作成はできるんです。

遺言書は民法を意識して作成しなければいけないので、法律に詳しくないと間違って書いてしまうかも。そうした不安をもって、行政書士など法律専門家に支援を求める方は多いです。でも、一定のルールを守れば、ご自身で簡単に遺言書が作成できます。

その一定のルールを反映したWEBサイトを用意いたします。

専門家が個別に相談を承る時代も変わり始めています。遺言・相続についての悩みをどう解決するかインターネットで調べる高齢者も多くいらっしゃいます。インターネットで悩みに寄り添って遺言書を作成できるサービスを整備することが専門家に求められていることから、遺言書自動作成サイト「遺言書AI」を開発しました。

利用者の方に寄り添ってきた専門家が、
使い勝手にこだわって開発しました。

すでに、遺言書自動作成サイトはいくつか世に出ていますが、使い勝手に課題があるものが散見されます。利用者の中心が高齢者であることを意識すれば、字が細かいサイト・アプリは敬遠されるものです。UIのわかりやすさにこだわったシンプルなWEBサイトを構築しました。筆者自身が専門家として高齢者の相談に乗ってきたそのノウハウが活きています。遺言書作成の部分は自動化されていますので、一度開発してしまえば運営コストはかかりません。そのため、お客様の利用は無料としております。

公正証書とするために、公証役場と調整する部分だけを有償サービスで提供しております。

ぜひ遺言書自動作成サイト「遺言書AI」をご利用ください。

わかりやすいシンプルなWEBサイト

遺言書作成はご自身で簡単に

民法を意識して作成しなければ間違ってしまう遺言書は、一定のルールを守れば、ご自身でも簡単に作成できます。遺言書自動作成サイト「遺言書AI」は、専門家の知識を反映し、あなたの遺言書作成をお助けします。

実例から得た専門家のノウハウ

文字が細かいサイト、アプリは高齢者の方には親切とは言えません。専門家として多くの方の相談に乗ってきた筆者自身が、わかりやすいUI(ユーザーインターフェース)で、シンプルなWEBサイトを構築しました。

無料・自動で作成できる

¥o

遺言書作成の部分は自動化されていますので、一度開発してしまえば運営コストはかかりません。そのため、お客様の利用は無料としております。
※公証役場との調整部分のみ有償サービスとなります。

「遺言書AI」による遺言書自動作成の手順

まずはこちらのサイトにアクセスしてください

step2

相続人を選択

(配偶者がいる/子がいる/親がいる/兄弟姉妹がいる/その他)

step3

資産情報の入力

(不動産/銀行口座/証券口座/その他)

step4

財産配分方法決定

相続財産の配分方法を決定します

※入力データは一時的に保存されていますが、恒久的に保存されませんので、相続人やご自身の資産情報は把握したうえで入力をスタートされることをおススメします。

相続手続も対応いたします

遺言書を遺したあと、遺言者がなくなられると、相続が開始します。
遺言書のスムーズな実行のために、遺言執行者を定めておくのがのぞましいのですが、
相続手続でお困りのご遺族から行政書士にご相談いただくこともあります。

相続手続は概ね以下の通りです。

遺言書の確認

相続人の確定

遺産分割協議と協議書の作成

相続財産の名義変更手続

相続税の納税

相続財産調査

行政書士は、国家資格者として、相続手続をお手伝いをすることができます。

信頼と実績の岡高志行政書士事務所

私は、 東京大学法学部を卒業以来、信託銀行や証券会社に勤務いたしました。
相続手続への金融機関の厳格対応は身にしみて感じております。

そのような経験から、ご遺族・相続人の皆様が安心して任せていただけるような相続手続をサポートさせていただいております。

当事務所では、相続人確定のための戸籍の収集・遺言書・遺産分割協議書の作成サポートをはじめとした相続全般に関するお手伝いをさせていただいております。
相続手続の実際として、対応する役所や金融機関の営業は平日の日中です。お仕事などの理由で時間がとれず、手続きが進まないため途方に暮れる人も多いものです。
また、必要に応じて、弁護士や司法書士、税理士等、それぞれの専門家をご紹介することで、ご遺族にとって頼れるワンストップサービスとなるよう心掛けております。

岡高志プロフィール写真

相続手続の相談は無料

まずは、無料相談を行って対応方針をお示しいたします。
さまざまなお悩みがあるかと思いますので、まずはご相談ください。

右下のチャットにてご相談ください

報酬例として、遺産分割協議書作成 5万円(税別)からとしています。
いずれにせよ、初回相談時にお見積りいたします。

よくあるご質問と回答

当サイト「遺言書AI」は、岡高志行政書士事務所が開発および運営を行っております。

借金を相続させたい、すなわち、債務の承継については、 債権者(金融機関)との契約協議が不可欠です。

債権者としては、全ての相続人に対して請求する権限がありますので、 遺言書で指定した承継人のみを債務者とすることについては債権者(金融機関)との合意が必要です。

もちろん、債務の負担ですので当該相続人が容認しなければなりません。

そうしたこともあって、 遺言書AIでは遺言書に債務についての記載をすることを推奨しておりません。

相続対策としての借金であれば、 債務の承継予定者も念頭に借入条件を整えましょう。

相続対象不動産の評価はこちらをご参照ください。

【遺言相続ブログ】
相続対象不動産:土地の評価について
当サイト「遺言書AI」は、遺言書文案の作成を自動化しているため作成が無料で出来ます。 相談については、右下のチャットをご活用ください。チャット内の会話であれば無料です。チャットをご活用いただくほど、チャットの相談の質が向上します。お育ていただけますようお願いいたします。
当サイトでは入力データは一時的な保存にとどまり、恒久的な保存をしておりません。 相続人情報やご自身の資産情報は把握したうえで入力をスタートされることをおススメします。

Copyright © 2022 岡高志行政書士事務所 All Rights Reserved.

PAGE TOP