現職 松原忠義 大田区長の3期目4年間の成果をふりかえる

今月14日に告示の大田区長選挙に向けて精力的に街頭活動をしている岡 高志でございます。

現職 松原忠義 大田区長は、区長公務優先なのか選挙に向けた目立った活動はされていないようです。紙の広報物やWEBメディアも用意されていません(4/3現在)。これでは、現職 松原忠義 大田区長が4選に向けて大田区をどう導いていくのかわかりません。公開されている情報などから読みといてまいります。

松原忠義 区長 のとらえる今後の大田区の課題

(議会発言から抜粋)

正念場にある重要課題もございます。それは、羽田空港跡地のまちづくりのほか、新空港線の整備、中央防波堤埋立地の帰属問題です。加えて、少子化・高齢化社会への対応や公共施設の老朽化対策及び区民の暮らしを守る防災対策など、喫緊の重要課題もございます。(自民党・押見議員の昨年11月代表質問への答弁)

羽田空港跡地まちづくりのほか、新空港線の整備、中央防波堤埋立地の帰属問題など、まさに正念場にある課題がございます。加えて、少子化・高齢社会への対応や公共施設の機能更新及び区民の暮らしを守る防災対策などの喫緊の重要課題もございます。(共産党・福井議員の多選自粛条例廃止議案の質疑への答弁)

松原忠義 区長 多選の弊害を語る

(多選自粛条例を廃止した際の議会発言から抜粋)

条例制定時におきまして、多選による弊害を強く意識しており、その防止策として、一定の制限をする必要があると考えておりました。現在も基本的な考えに変わりはありません(公明党・松本議員への答弁)

(区長多選の)弊害が起きないように区政のかじ取りを行ってまいります。重要なのは、首長が持つ権限を謙虚に受け止め、区民の負託に誠実に応えていくこと。情報公開など透明性のある区政をさらに推進するとともに、区民の声を広く聞く機会にも留意をしてまいります。(共産党・福井議員への答弁)

松原忠義 区長 4年前の選挙公約とその成果

大田区選挙管理委員会サイトより引用
http://www.city.ota.tokyo.jp/senkyo_kansa/senkyo/kiroku.html

総花的で漠然とした公約であって、区長であれば概ね実現できそうな公約であります。
ところが、実際に成果を検証すると下表の通りであって、あまり実現できてないといえます。

松原忠義 区長 のとらえる正念場の重要課題について
岡高志の見解

羽田空港跡地のまちづくり
すでに鹿島建設を中心とした企業グループと50年の長期締結を締結済み。契約に基づいて粛々と開発は進み運営を企業グループが担います。区長として果たす役割は無いはずです。

新空港線(蒲蒲線)の整備
鉄道整備の第三セクターを設立すると表明しながら、2年経っても何も進んでいない。進められていないのがまさに今の区長の責任でしかありません。流石に続投の理由にはならないでしょう。

ちなみに、私は蒲蒲線の現状の計画に対して、
区民へのメリットがない割に区民負担が大きくなりそうなので反対!

中央防波堤埋立地の帰属問題
東京都による仲裁で満足な結果が得られず、裁判所に提訴している案件。
東京都による仲裁で成果が得られなかったのは、まさに今の区長の政治責任。
裁判の場において、区長の政治力が反映されるとは到底思えない。

多選自粛条例という区民との約束を反故にしてまで再度区長を務めねばならないほどのことなのでしょうか。
多選の弊害が起きないようにするべく、区民の負託に誠実に応えて、情報公開など透明性のある区政をさらに推進する、と発言されてます。
松原区長が認識されておられる重要課題がいかに重要であって、それをご自身がどのように解決されるのかは誠実に表現していただきたいものです。

投稿者:

Takashi Oka

岡 高志 行政書士事務所 ホームページ 高齢社会の地域の支え手として活動する行政書士。 大田区議会議員として8年、人生相談・生活相談・法律相談を承り解決。 銀行・投資会社に12年勤務し金融・税務・不動産に詳しく、社会福祉士として地域福祉・介護のネットワークづくりにも取り組む。 身近で頼れる専門家にお気軽にご相談ください。