大田区 地域版 ベーシックインカム

岡高志は まず、4年間の任期を通じて、行財政改革に取り組みます。
子育て世代の将来を見据えた 安全安心の財政を守るために。
そして、その先に何があるのか?
大田区 地域版ベーシックインカムを構想しています。
年金・生活保護・子ども手当などの社会保障を完全に一本化。
一人一律月額10万円を給付し、生活費に充当します。
4人家族なら40万円。
家族が集まると、ベーシックインカムだけで生活ができますね。
助け合いの精神が生まれやすいですね。
このベーシックインカムは、当月中に大田区内で消費しなければいけないものとします。
地域の商業が活性化しますね。
ベーシックインカム、実現の道のりは困難を極めます。
まずは、現状の行財政改革を行います。その上で、多額の行政コストがあてられている社会保障分野に取り組む。
いわば、行財政改革の総仕上げといえます。
もちろん、年金制度・税制など一自治体だけで解決できない問題があります。
政府与党である民主党所属の政治家として、時間をかけて可能性を探ります。
一方で、当事者たる区民の皆さんのコンセンサスが必要です。
こちらも、政治活動を通じてじっくりと情報共有してまいります。
一朝一夕に実現できる政策ではありません。
大田区の幅広い個性を生かして取り組んでまいります。