2022年度も待機児童ゼロ!もはや少子化確定社会?!

もと大田区議会議員の行政書士おかたかしです。

大田区の待機児童対策を区議会議員の8年間に強く取り組んでまいりました。もう議員ではありませんが、毎年度6月ごろに発表される待機児童数には引き続き関心を寄せてブログにまとめます。
ちなみに、今年は6月17日のこども文教委員会で公表されました。

待機児童ゼロ2年連続達成!

2年連続で待機児童がゼロ!

保育園の増加ペースも落ち着いておりまして、働きながら子どもを育てるための環境整備はこれでひと段落。

もう子どもが増えてない。

少子化が完全に固定してしまった様相もあります。

関連記事

保育所等利用待機児童数の状況(大田区公式サイト)

大田区 待機児童対策 2020年度 待機児童数は35人

大田区 待機児童対策 2019年度 待機児童数は116人

本当の少子化対策を急げ!

これまで保育園の数を増やしてきたのは、少子化対策です。

保育園を増やして、安心して働きながら子どもを育てられる環境を整備する。

それが政策趣旨でした。

2022年になり大田区の子育て環境整備は整いました。

みんな!大田区で子ども育てましょう!