合同会社の設立サポートのご案内(ワンストップ料金設定有)

行政書士 岡 高志 でございます。

起業や副業のため、法人格がほしいとなった時に、簡単便利なのは合同会社。
行政書士として合同会社の設立をサポートしております。

合同会社の設立の流れ

  1. 定款を作成する
    会社の商号、場所、事業目的、社員などを決定します。
  2. 定款に電子署名をする/ もしくは/ 紙の定款に4万円の印紙を貼る
    電子署名ならば4万円の印紙税がかかりません。が、電子署名のためには特別なソフトが必要です。
  3. 資本金の払い込み
    資本金は1円以上いくらでも構いません。すぐ債務超過になっても困りますので、必要な運転資金くらいは払い込むことをおすすめします。
  4. 会社印鑑を準備・代表者の印鑑証明書を準備
  5. 登記書類を準備
  6. 法務局へ登記申請(郵送可)

行政書士が合同会社の設立をサポート

行政書士として、1. 2. の定款まわりは代行いたします。電子署名だけご依頼されるお客様もいらっしゃいます。

3. 資本金の払い込みはお客様ご自身でなさってください。たんにご自身の口座に入金して通帳のコピーを取るだけの行為です。
果たして、何の意味があるのか?問われても、昔からの手続としか言えません。

4. 会社印鑑は当事務所でかわって購入しておくこともできます。特にこだわりが無ければ、一括でご依頼ください。
代表者の印鑑証明書と本人確認書類(運転免許書など)はご自身でご用意ください。

5. 6. 登記申請の代理は司法書士さんの業務です。当事務所で提携する司法書士さんをおつなぎすることもできます。

起業に向けてお忙しお客様へワンストップでサポートいたします。

報酬体系(消費税別途)

  • 定款の文書作成  30,000円
  • 定款電子署名  5,000円
  • 会社印鑑作成  10,000円~
  • 登記申請(提携の司法書士さん)  40,000円
  • 登録免許税(法務局)  60,000円、もしくは、 資本金の7/1000 の高い方

合同会社設立ワンストップパック  14万円
  (印鑑込・資本金850万円以下)

税務署の開業届・銀行口座開設手続はご自身でご対応ください。

ご相談は問い合わせフォームからも承ります
(24時間・365日対応!)

法人格の違いは過去記事をご参照ください。