会社設立 一般社団法人設立の流れ

行政書士 岡 高志 でございます。

会社設立は行政書士の主要業務のひとつです。前回は一般社団法人を概説しました。 今回は一般社団法人の設立の流れについて解説します。

【前回の記事】

一般社団法人の設立の流れは

一般社団法人の設立の流れ

  1. 一般社団法人の概要を決定する
  2. 定款を設立時の社員が作成します。
  3. 登録用の印鑑を作成する。
  4. 公証人の認証を受ける
    定款の認証を受ける公証役場は、主たる事務所がある都道府県内であればどこでも大丈夫です。
    認証の費用は約5万円です。
  5. 法務局にて登記申請
    登録免許税が必要です。
    登録免許税は6万円。

理事会の設置

理事会を設置するかどうかで組織は変わります。

理事会設置一般社団法人では、設立するときに、代表理事の選定が必要になります。また、監事の設置も必要になります。

理事会非設置一般社団法人では、設立するときには、理事がそれぞれ代表となり、代表理事の選定をしないときは、理事全体について代表理事の登記を行ないます。

株式会社の設立との違い

一般社団法人の設立の流れと、株式会社の設立の違いですが、

資本金の払い込みが不要な点を除けば、株式会社の設立と変わりません。

一般社団法人の設立は、行政書士にお任せください!

初回相談料は無料です。
(電話・面談は60分以内。メールは当方からの返信2回まで。)

LINEでもご連絡できます。

下記のリンク、もしくは、QRコードからアクセスしてください。
https://line.me/R/ti/p/%40fvz5480o

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ にほんブログ村 経営ブログへ