スマホでかんたん市民協働のインフラ管理

もと大田区議会議員おかたかしです。

東京都では、東京大学と連携し、都民と協働した道路管理を実現するため、道路の損傷や不具合を簡易に投稿することができる道路通報システムの試行を実施しています。

「My City Report for citizens(以下「MCR市民投稿アプリ」)」というスマートフォンアプリを用います。

スマホアプリでインフラ管理

MCR市民投稿アプリを通じて、道路の損傷や不具合を写真と位置情報とともに共有します。 東京都や区市が必要に応じて補修等を実施します。
対応状況は、MCR市民投稿アプリから随時確認することができます。

試行対象エリア

【都道のみ】
新宿区、江東区、品川区、目黒区、豊島区、荒川区、江戸川区、府中市、小金井市、東大和市

【都道および区市道】
港区、葛飾区、八王子市、国立市、福生市、多摩市、稲城市 港区、葛飾区、八王子市、国立市、福生市、多摩市、稲城市では、区市の協力を得て、区市道も対象とします。

試行期間

令和3年1月27日(水)~令和4年3月31日(木) (予定)

より広範に、国や区市も参加して、インフラ管理の水準が高まるといいですね。