鳴り物入りのコロナ対策「事業再構築補助金」の結果はいかに?

6月25日告示:都議会議員選挙に出馬表明した岡高志でございます。
東京都の政治課題についてもこちらのブログで発信しております。

鳴り物入りのコロナ対策「事業再構築補助金」

コロナ後の起業支援策として1兆円の予算を確保された中小企業庁の目玉事業に事業再構築補助金があります。

事業再構築補助金とは

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化し、当面の需要や売り上げの回復が期待しづらい中、ポストコロナ・ウィズコロナ時代の経済社会の変化に対応するために中小企業等の事業再構築を支援することで、日本経済の構造転換を促すことが重要です。そのため、新分野展開、事業転換、業種転換、業態転換、又は事業再編という思い切った事業再構築に意欲を有する中小企業等の挑戦を支援します。

公式サイトより
https://jigyou-saikouchiku.jp

事業再構築補助金の結果

6月18日に事業再構築補助金(第1回募集)の採択結果が発表されました。

17,050者(要件を満たした申請件数14,913者)の応募。

5,150者が採択。

採択率 30%

15ページにわたる事業計画書を作成させて

認定支援機関もいっしょに策定するもので、いい加減なものではありません。

それで採択率30%は低すぎ。

おまけに、不採択の事業者に審査結果は通知されずに、欲しければ、コールセンターに電話しろとの不親切ぶり。

ちゃんと採択基準を示さなければ、受託会社の株式会社パソナの恣意的な運用と言われてしまいますよ。