医療関係者へ感謝! 新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金交付事業

行政書士 岡 高志 でございます。

医療機関の皆さまは、新型コロナウイルス感染症の拡大防止・収束に向けてウイルスに立ち向かっていらっしゃいます。感謝の思いでいっぱいです。

わたくし個人の思いだけでなく、政府で新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金を創設しています。

いくら支給されるの?

下記の対象者によって支援額が5万円 ・20万円 ・20万円と異なります。

支援金20万円となる職員の方

都道府県から役割を設定された医療機関等に勤務し患者と接する医療従事者や職員
( 都道府県における感染症患者1例目発生日から6月30日までの間に10日以上勤務していること。 )であり、
実際に、新型コロナウイルス感染症患者に診療等を行った医療機関等である場合

都道府県から役割を設定された医療機関等とは、

①重点医療機関
②感染症指定医療機関
③その他の都道府県が新型コロナウイルス感染症患者の入院受入れを割り当てた医療機関
④帰国者・接触者外来を設置する医療機関
⑤地域外来・検査センター
⑥宿泊療養・自宅療養を行う場合の新型コロナウイルス感染症患者に対するフォローアップ業務、受入施設での対応等

支援金10万円となる職員の方

都道府県から役割を設定された医療機関等に勤務し患者と接する医療従事者や職員
( 都道府県における感染症患者1例目発生日から6月30日までの間に10日以上勤務していること。 )であり、
新型コロナウイルス感染症患者に診療等を行っていない医療機関等である場合

支援金5万円となる職員の方

その他病院、診療所、訪問看護ステーション、助産所に勤務し患者と接する医療従事者や職員
( 都道府県における感染症患者1例目発生日から6月30日までの間に10日以上勤務していること。 )

都道府県における感染症患者1例目発生日っていつ?

感染症患者1例目発生日は東京都であれば1月24日です。

詳しくは厚生労働省のサイトへ

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_12014.html