障害サービス事業所・施設の職員の皆さまへ感謝! 新型コロナ緊急包括支援交付金

行政書士 岡 高志 でございます。

障害福祉サービス事業所・施設の職員の皆さまは、利用者へ感染させてはいけないという緊張感の中で対人サービスを継続していらっしゃって感謝の思いでいっぱいです。

わたくし個人の思いだけでなく、政府で新型コロナ緊急包括支援交付金を創設しています。

いくら支給されるの?

下記の対象者によって支援額が5万円・20万円と異なります。

支援金20万円となる職員の方

感染者が発生・濃厚接触者に対応した施設・事業所に勤務し利用者と接する職員
( 都道府県における感染症患者1例目発生日から6月30日までの間に10日以上勤務していること。 )であり、
(通所・施設系であれば)
感染者 ・濃厚接触者発生日以降に1日でも勤務を行った場合
(訪問系であれば)
感染者 ・濃厚接触者に実際にサービスを提供した場合

支援金5万円となる職員の方

施設・事業所に勤務し利用者と接する職員
( 都道府県における感染症患者1例目発生日から6月30日までの間に10日以上勤務していること。 )

都道府県における感染症患者1例目発生日っていつ?

感染症患者1例目発生日は東京都であれば1月24日です。

どうやって支給されるの?

現在も勤務している方は、勤務先の介護サービス事業所・施設に代理受領委任状を提出します。勤務先が取りまとめ、都道府県に給付申請を行うこととなります。

すでに退職した方は、都道府県への直接申請することも可能です。
勤務していた介護サービス事業所・施設等から勤務期間の証明を取得しておく必要があります。

東京都の場合は下記のサイトにて申請書類がダウンロードできます。
https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/covid19-kinkyuuhoukatsu/

詳しくは厚生労働省のサイトへ

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_12014.html