事業再構築補助金|不採択理由から学ぶ採択への道

岡高志行政書士事務所では、事業再構築補助金の申請サポートも行っております。

認定支援機関ではありませんが

事業計画書作成のサポートはもちろんのこと、当事務所としても、採択を勝ち取った実績がございます。

お客様の新規事業が事業再構築補助金に当てはまるように計画を検討いたします。
現在の事業経験を踏まえた、新分野展開、業態転換、事業・業種転換、事業再編の取組となるように事業計画を練り上げます。

※ GビズIDの取得はあらかじめご対応ください。

事業再構築補助金の審査のポイント

事業化点・再構築点の2つの観点から審査されます。
不採択となった案件では、不採択の理由が事務局からヒアリングできます。
審査ポイントをいくつかお示しします。

  • 補助事業の成果が対象とするユーザー・マーケット市場規模を明確にすること
  • 補助事業の成果が、事業再構築によって価格的・性能的に優位性や収益性を有していることをを明確にすること
  • 現在の自社の人材・技術・ノウハウなどの強みが活用されており、効果的な取り組みであること
  • 事業再構築の必要性を明確にすること

今後の事業再構築補助金の申請

引き続き予算が措置される見通しで
2022年度、3回程度の公募を実施予定

第4回公募の締切は12月21日!

次回申請締切は12月21日!
急げばまだ間に合います!

行政書士が申請をサポート

岡高志行政書士事務所は、自社でも採択という実績もあります。
〆切まで時間は限られてますが、懇切丁寧迅速に申請手続を支援いたします。

行政書士として申請をサポートしてまいります。
ぜひご相談ください。