東京のゲリラ豪雨対策 〜 呑川流域の今後に注目です

こんにちは。
大田区議会議員 岡 高志です。
みなさま暑い中いかがお過ごしでしょうか。

暑い夏はゲリラ豪雨もまた発生します。河川の氾濫、崖崩れの危険性があります。
特に都市においては、下水道の排水処理能力を超えて、街中で汚水が溢れるリスクが甚大です。

川が無い住宅地が水浸しになったり、マンホールが噴き出している映像を毎年のようにみますね。

そこで、東京都下水道局は下水道整備水準の引き上げを図っています。

東京都 豪雨対策下水道緊急プラン(2013年12月)

4つのエリアを【75ミリ対策地区】として、1時間あたり75ミリの豪雨にも対応できるように、既存の下水道幹線の下に新たに幹線を整備することとしました。

東京都豪雨対策

【75ミリ対策地区】のうち、❷の目黒区八雲・世田谷区深沢は、大田区と同じ呑川流域なので、詳細を次に…

呑川暗渠地域(目黒区八雲・世田谷区深沢)の豪雨対策

呑川流域対策

東京工業大学のグラウンドに立坑を掘って、上流に向けて下水道幹線を整備します。
これが完成すると、目黒区八雲・世田谷区深沢での浸水リスクは大幅に減少します。

新しく整備する下水道幹線にたまった汚水はどうするのか?

東京工業大学のグラウンドそばから流れている呑川に放流してしまうと、川が汚水で汚染されてしまいます。
豪雨が去れば、下水道幹線に戻して、水再生センターへと流します。
新しく整備する下水道幹線は終局的な出口がなく、豪雨時の貯留管として機能することとなってます。

どうせ新しく下水道幹線を整備するならば、
終局的に排水できるように検討してもらいたいです。

呑川中流域での合流改善

呑川の中流域の大田区雪谷周辺では、豪雨時に、雨水とともに下水も呑川に流れ込んでいます。
もちろん、川を汚すことになるので、改良が検討されています。
大田区呑川対策
呑川に並行して下水を受け止める貯留管の整備が検討されています。
もともとは、貯留池を地下に整備して受け止める計画でしたが、貯留管で十分とのことです。
やはり、新しく整備する貯留管には終局的な出口がないので、豪雨が去れば、下水道幹線に戻して、水再生センターへと流します。

こうした下水道整備はすぐには完成しませんので、浸水リスクは変わらず存在します。
洪水ハザードマップなども確認して突然の豪雨災害に備えましょう。

こちらもご参照ください。