11月注目 海老名市議会議員・市長 選挙

行政書士 岡 高志 でございます。もと自治体議員として、自治体議員選挙には引き続き注目していますので、外野からコメントしてまいります。

11月の選挙で注目は海老名市議会議員選挙。同日の海老名市長選挙にN国の立花党首の立候補も取りざたされてまして、ちょっと話題です。

続きを読む 11月注目 海老名市議会議員・市長 選挙

大田区議会 初当選議員の活躍に期待したいね。

元・大田区議会議員 岡高志です。

大田区議会だよりが発行されてまして、初当選の新人議員の質問内容が掲載されてます。ちょっと先輩風を吹かしながら、その発言内容をチェックしてみました。

続きを読む 大田区議会 初当選議員の活躍に期待したいね。

参院選 2019年スタート クラウドファンディングという民意の反映

元大田区議会議員で行政書士の岡高志です。政治からは離れましたが、三年に一度の参院選挙には注目してしまいます。

安定の自民党に対して、量質ともに及ばない既存野党勢力。

なんら盛り上がりを期待させない夏の国政選挙です。

そういう時は、既存の野党ではない新しい勢力の活躍に期待です。

勝手に注目しているのが、れいわ新選組、NHKから国民を守る党

どちらも資金が無い中で、共感を広めて、資金を集める。クラウドファンディングの手法を活用しています。

れいわ新選組

東京選挙区 1期目 山本太郎が主宰。野党共闘主義の小沢一郎と分かれて、新しい組織を立ち上げています。資金集めのために寄付を集めました。

当初1億円までしか集まらなければ、現職の山本太郎しか立候補しない。1億円を超えそうであれば、候補者を増やしていく。クラウドファンディングのストレッチゴール。みんなでノルマクリアしようぜって共感&巻き込みスタイル。

すでに、寄付総額は2億2,000万円は突破しているそうで、参院選に10人擁立しました。

政策は、最低賃金1,500円はいいかと思いきや賃上げ分を税金負担とするなど、金づかいの荒い人々です。

https://www.reiwa-shinsengumi.com/policy/

候補者は、山本太郎のほかにも個性的な顔ぶれが並びます。とんがった個性に票を投じることができます。まさに多様な価値観を反映することができます。

党首 山本太郎は鉄板当選の東京選挙区かと思いきや、創価学会員の野原善正を東京選挙区に擁立。障害のある候補者を比例優先枠の1・2番手に擁立の奇策。自分の議席を優先しない心意気である。

NHKから国民を守る党

立花孝志が党首。2015年ごろから各地の自治体議員選挙に参入。NHKの受信料集金人に徹底抗戦する活動を展開しており、それが唯一の政策。

NHKから国民を守る党の議席獲得には2018年2月の町田市議会議員選挙から注目していました。

とんがったワンイシューがウケて、定数30人以上の自治体議員選挙では確実に1議席を確保しており、今回、参議院全国比例での議席確保を狙う。

参院全国比例で候補者擁立するには、選挙区含めて全体で10人擁立しなければならない。そこで、NHKから国民を守る党が最初に計画した奇策は、定数6の東京選挙区に7人立候補させて、選挙ポスター掲示板を7連ジャックしてなんらかのメッセージを発信しようとした。

イメージ

選挙管理委員会の指摘で素直に取り下げたようですが、破天荒である。選挙の新しい判例・前例を作ってくれることにも期待大である。

立花孝志代表は、自らYouTuberを名乗り多額な収入を得ている。一億円の現ナマをトランクに詰めて供託金を預けに行く様は圧巻で、YouTubeの再生回数も万単位で稼いでいる。活動する→発信する→金を稼ぐ。新しい政治モデル。

供託金も広く国民から集めている。寄付でなくて借金。クラウドレンディングである。5%の金利をつけて返すそうである。

返済原資は、政党交付金。今回の参院選で確実に2%の得票を得て、政党要件が充足されるので、1億円程度の政党交付金が入金されることを前提としたビジネスモデル

共感のクラウドファンディングか、ビジネスとしてのクラウドファンディングか。

新しい資金調達もいかして、既存の野党ではない新しい勢力が議席を獲得する。これは、現状の政治への不信任の表現だと思います。

東京選挙区は、音喜多駿に投票します。

さて、東京選挙区は、主要政党の候補者に加えて、反創価、そして、反NHKの候補者が並びました。

東京の有権者の代表として、国会をかき回してくれる存在として、私は首長選挙落選仲間の音喜多駿に期待します。

参院選各候補者のご健闘をお祈りいたします。

7月の注目の自治体選挙~向日市、柏市、可児市

行政書士 岡 高志 でございます。もと自治体議員として、自治体議員選挙には引き続き注目していますので、外野からコメントしてまいります。

7月以降の選挙を勝手にいくつかピックアップ
(会派勢力図はざっくりです。間違いございましたら、ご指摘ください。)

続きを読む 7月の注目の自治体選挙~向日市、柏市、可児市

6月の注目自治体議員選挙~厚木市議選は7月投票

行政書士 岡 高志 でございます。もと自治体議員として、自治体議員選挙には引き続き注目していますので、外野からコメントしてまいります。

勝手に6月の注目選挙をいくつかピックアップ
(会派勢力図はざっくりです。間違いございましたら、ご指摘ください。)

続きを読む 6月の注目自治体議員選挙~厚木市議選は7月投票

組織がないのに健闘したってことは個の力が優れているってこと(選挙後日談)

先月の大田区長選挙に落選して大田区でもっとも有名な無職になってしまった岡高志です。仕事を探しながら、自分のキャリアの棚卸しをしてます。

横浜市長選挙で落選した伊藤大貴さん(中央)、北区長選挙で落選した音喜多駿さん(右)と意見交換。
音喜多駿さんからは、「単に就職するのではなく、新たなキャリアを切り開いてくれることでしょう!!」とエールをいただきました。頑張らなきゃ!
https://otokitashun.com/blog/daily/20604/

私は当選できる気満々で大田区長選挙に立候補したわけですが、世の中はそうではなくって、3人立候補したなかで2番で健闘したねっ!という声をいただきます。
組織がないのに健闘したってことは個の力が優れているってこと。私の経験に価値があるかもしれません。せっかくなので、その経験のいくつかをブログにまとめておきます。
政治から離れましたが、行政書士業務の一環で選挙に立候補するにあたっての行政対応含めてなにかしらお手伝いができます。

続きを読む 組織がないのに健闘したってことは個の力が優れているってこと(選挙後日談)

2019年 大田区議会議員選挙の立候補予定者の動向と開票結果(選挙ポスター解説動画&選挙公報付き)

2019年の4月の大田区長選挙に立候補してあえなく落選した岡高志でございます。

大田区長選挙も大田区議会議員選挙も同じ選挙期日(統一地方選挙 4月21日投票)で実施されました。私は、今回は大田区議会議員選挙には出馬しませんが、4年前、8年前も人気コンテンツだった大田区議会議員選挙の立候補予定者の動向をまとめました。開票結果も含めてその後の動向もこの投稿で更新してまいります。
大田区の有権者のみなさまのお役に立てますとうれしいです。

続きを読む 2019年 大田区議会議員選挙の立候補予定者の動向と開票結果(選挙ポスター解説動画&選挙公報付き)

もっと簡単な候補者の選び方 ~【続】地方自治体議会議員選挙での候補者の選び方

4月の大田区長選挙に出馬表明した岡 高志でございます。

当事者の立場から選挙をブログでわかりやすく分析しています。有権者の皆様が注目されるであろう地方自治体議会議員選挙での候補者の選び方を2019年もお示しいたします。

昨日のブログでは選挙公報をベースにした政策の面からの候補者の選び方をお示ししました。
https://okatakashi.net/archives/4730
今日は、インターネットを活用したもっと簡単な候補者の選び方をお示しします。 地方選挙では、選挙期間が短い(区議会であれば、7日間)ので、選挙公報を入手して投票日までにあまり時間がないのが現状です。 そこで、文明の利器、インターネットの登場です!

続きを読む もっと簡単な候補者の選び方 ~【続】地方自治体議会議員選挙での候補者の選び方

地方自治体議会議員選挙での候補者の選び方 ~来月は統一地方選挙

4月の大田区長選挙に出馬表明した岡 高志でございます。

来月には統一地方選挙(後半戦)で行われる大田区議会議員選挙があります。区長選挙と同日ですので、ぜひ投票に行っていただきたい。
このブログでは当事者の立場から選挙をわかりやすく分析しています。有権者の皆様が注目されるであろう地方自治体議会議員選挙での候補者の選び方を2019年もお示しいたします。

続きを読む 地方自治体議会議員選挙での候補者の選び方 ~来月は統一地方選挙