大田区六郷地域の交通は便利なのか?

こんにちは。大田区議会議員 岡 高志です。

大田区は、区役所もある蒲田に区内の鉄道路線が結節していて、なかなか一体感のある自治体です。
蒲田までは行けるけど、都心にアクセスできるのかは、区内の地域によって違いがあります。

簡単に大田区の概略図をお示しします。


以前、議会で取り上げたのは、

六郷地域の交通をもっと便利に!

というところ。

都心ターミナルから同じくらいの距離の各駅停車駅と六郷地域の雑色・六郷土手駅のラッシュ時の停車する電車の間隔を調べまして、
六郷地域の交通がいかに便利でないか明らかにしました。

質問 by 岡 高志

朝夕のラッシュ時なのに、10分に1本しか電車がとまらない、この六郷土手や雑色駅の現状を見ると、大変残念なことではないかと思うのですけれども、大田区の見解としてはいかがでしょうか。

答弁 by 交通企画担当課長

京急電鉄に、雑色駅と六郷土手駅に関するダイヤについて確認したところ、列車運転の安全性・安定性の確保、旅客人員の動向や需要などを考慮し、品川方面、川崎方面、羽田方面ともバランスを考え現在のダイヤ編成を行っているとのことであり、利用者からのダイヤに関する問い合わせについては、ほとんどないとのことでございました。
 JR蒲田駅方面などへのバス路線も複数あることから、この地域の移動手段は一定程度確保されているものとは思いますが、地域の皆様の声も聞きながら実情を把握し必要に応じて京急電鉄に働きかけてまいりたいと思います。

相変わらずのお役所答弁でなんだかわかりませんが、

住民から特に意見がないから、電車の停車本数は変わりません!

とのこと。

詳細はこちら


京急電鉄は、
・羽田空港と都心を結ぶ
・wing号のように横須賀と都心を結ぶ
ことを重視してますから、本線の京急蒲田より先はどうしても電車の停車本数が少なくなるものでしょう。

六郷地域の皆様におかれましては、
交通を便利にしようと、電鉄会社や自治体に物申していいのではないでしょうか。