子ども食堂を応援する助成金いろいろ

行政書士 岡 高志 でございます。

コロナ禍で、パートのママさんのお仕事が激減して、子どもたちにしわ寄せがいっているとはよく聞く話です。子どもたちに手を差しのべる子ども食堂も応援したいところです。

子ども食堂って?

子ども食堂とは、主に親の養育が十分に行き届かない子ども達に無料または低額で食事と居場所を提供する社会活動で2010年代から各地で発生しています。
食堂と言っても常設の施設であることはほとんどなく、既存の福祉施設・公共施設・飲食店・民家などでの月数回開催されるイベントのことを指します。

地域のボランティアと子ども達の交流によって子どもを支えるコミュニティーも形成できます。大田区でも20か所前後存在します

子ども食堂のお金の悩み

子ども食堂のお客様は、子どもですから、あまりお金をとれません。結果として、 子ども食堂の食材費や運営費用の多くは、運営するボランティアの皆様の負担では賄われます。

子ども食堂が認知されて、毎回子どもたちが集まるようになるとそれだけ食材が必要になり、金銭負担もかさみます。

そこで、フードバンクなどから食材の提供を受けることもあります。

でも、お金の方が、食材選択もふくめて、子ども食堂の運営に有益です。

子ども食堂を応援する助成金いろいろ

お金を外部から調達することで、運営ボランティアの負担が軽減できて、子ども食堂の持続的な運営につながります。せっかく良い取り組みなのですから、長続きしてほしいものです。

地域の社会福祉協議会では少額の金銭支援含めて応援していますので、まず相談に行ってみましょう。私の住む大田区の社会福祉協議会でも、子ども食堂マップを作るくらい子ども食堂を応援されています。

ほかに民間団体が助成制度を提供しています。
締切が近いですが、ご紹介します。

むすびえ・こども食堂基金

特に、 1団体当たり4万円 の少額助成制度 むすびえ・こども食堂基金mini もあります。

仕事や活動に忙殺され、なかなか基金に申請ができないこども食堂運営者の方が多くいることをふまえて、「むすびえ・こども食堂基金」よりは少額であるけれど、申請や報告を簡易にした小口助成をスタートしています。

申請締切:2021年1月16日(土)

応募はgoogleフォームのみ。

参考リンク:

一般社団法人全国食支援活動協力会 こども食堂運営継続 応援プロジェクト

1団体当たり6万円

申請締切:2021年1月31日(日)

応募はWEB、もしくは、郵送。

参考リンク:
https://www.mow.jp/mainichi2020?fbclid=IwAR2zAt7PYJDfGK4CLqNiINsK9Sbf9nmTX67O8ZsbFiheFnd4Xn6xyJOXzbU

NPO法人設立は行政書士へご相談ください

今回ご紹介した助成金は法人格の有無にかかわらず受給できます。
子ども食堂の持続的な運営、助成金などの資金管理を意識した際に法人化も検討しましょう。

NPO法人設立は、行政書士として承ります。