Adobe DC 突然のクラッシュとその対応は?

行政書士おかたかしです。

行政書士と電子証明書

電子証明書を行政書士業務で多用します。

行政書士の電子証明書は行政書士電子証明書といいまして、
行政書士電子証明書が利用できる場面は、

  • 定款PDFへの電子署名
  • 登記システムでの申請
  • 入札システムでの申請

などがあります。

将来的には、事業者向けの電子申請の公的アカウントであるGbizIDが普及してくるように、ID・パスワードで代替されていくでしょう。電子証明書などなくなってしまうのだろうとは思います。

とはいえ、会社設立の場面では、電子署名がなされた定款PDFが必要不可欠。
そして、一生に何度もない会社設立のイベントのために、わざわざ電子証明書を取得しない人がほとんどですので、会社設立するにあたって、行政書士へ依頼される方は今は多くいらっしゃいます。

行政書士電子証明書の取り扱いについてはこちら

https://okatakashi.net/archives/8125

 

会社設立登記は、司法書士さんでは?

会社設立登記は、司法書士さんでは?
と思われる方もいるでしょうけど、
登記自体はマイナンバーカードさえあれば、ご自身でもオンラインで手続できるようになっています。

登記申請をご自身でやる場合

合同会社設立の場合

定款PDFへの電子署名だけなので、行政書士に依頼することになります。

株式会社設立の場合

登記申請の前の手続として

  • 定款PDFへの電子署名
  • 公証役場での定款認証

定款PDFへの電子署名はもちろん、行政書士ができます。

公証役場での定款認証も、行政書士が公証役場と事前の調整を行います。お任せいただきますとスムーズです。

公証役場との調整においても行政書士電子証明書が活躍します。

電子署名シンプルサービス|電子定款作成は行政書士へ

定款PDFへの電子署名は行政書士業務の典型です。電子定款作成は行政書士へご依頼ください。
ご自身で作成された定款に電子署名を施すだけのサービスも提供しています。

電子署名シンプルサービス  9,900円(消費税込)

Adobe DC 突然のクラッシュとその対応は?

Adobe DCで電子署名

電子定款の作成における電子署名とは、
Adobe DC でPDFに電子署名を施すことで。

Adobe DCはときどきクラッシュします。

フリーのソフトではありませんので、ユーザーサポートもしっかりしていました。

Adobe DC がクラッシュする際の対応

Adobe DC がクラッシュする際の対応として

メニューバーの環境設定から

環境設定のセキュリティ(拡張)から

サンドボックスによる保護、拡張セキュリティの有効化、これらをオフにしておけばよいとのこと。

 

電子定款作成は行政書士へ

ご相談はこちらから

[contact-form][contact-field label=”名前” type=”name” required=”true” /][contact-field label=”メールアドレス” type=”email” required=”true” /][contact-field label=”サイト” type=”url” /][contact-field label=”メッセージ” type=”textarea” /][/contact-form]