2021年の東京年忘れ備忘録:まんぼうはいつ?緊急事態宣言はいつ?飲食店向け協力金の支給額はいくら?【2022年3月加筆】

行政書士おかたかしです。

コロナ関連の補助金代理申請も対応しております。

東京都緊急事態宣言はいつ?

2021年も暮れですが、2020年の緊急事態宣言以来、さまざまな要請がありました。何が何だかわからないほどです。まとめておきます。

  • 2020年4月7日から5月6日まで
  • 2020年5月31日までに延長
  • 2020年5月25日で解除(結局、4月7日から5月25日まで。)
  • 2021年1月8日から2月7日まで
  • 2021年3月7日までに延長
  • 2021年3月21日までに延長(予定通り解除・結局、1月8日から3月21日まで。)
  • 2021年4月25日から5月11日まで
  • 2021年5月31日までに延長
  • 2021年6月20日までに延長
  • 2021年7月11日までに延長
  • 2021年8月22日までに延長
  • 2021年9月12日までに延長
  • 2021年9月30日までに延長(予定通り解除・結局、4月25日から9月30日まで。)

東京都まんぼうはいつ?

まんぼうとは、「まん延防止等重点措置」の略です。

  • 2021年4月5日から5月5日
  • 2021年4月5日から5月11日までに延長
  • 2021年4月25日から緊急事態宣言に移行

出典はこちら
https://corona.go.jp/emergency/

振り返ると、2021年は東京オリンピックとコロナの緊急事態宣言に
振り回された感があります。来年はどうなることでしょう。

東京都のまんぼう2022年【追記】

  • 2022年1月21日から2月13日
  • 3月6日までに延長
  • 3月21日までに延長

(東京都)飲食店向け協力金の支給額はいくら?

ときどき飲食店の方から、協力金の代理申請を依頼されます。

ご自分で出来るのでは?
という簡易な申請手続ですが、
年末に納税する段になって充当できる経費が!
と思うと手数料を支払っても良いものかもしれませんね。

いついくらの協力金が支給されたのか、何が何だかわからないほどなので、まとめておきます。

  • 2020年4月7日から5月6日 50万円(2店舗以上事業者は100万円)
  • 2020年5月7日から5月25日 50万円(2店舗以上事業者は100万円)
  • 2020年8月3日から8月31日 20万円(一律)
  • 2020年9月1日から9月15日 15万円(一律)
  • 2020年11月28日から12月17日 40万円(一律)
  • 2020年12月18日から1月7日 84万円(一律)
  • 2021年1月8日から2月7日 186万円(中小企業の場合)
  • 2021年2月8日から3月7日 168万円(中小企業の場合)
  • 2021年3月8日から3月31日 124万円(中小企業の場合)
  • 2021年4月1日から4月11日 44万円(中小企業の場合)
  • 2021年4月12日から5月11日 120万円(最低額)
  • 2021年5月12日から5月31日 80万円(最低額)
  • 2021年6月1日から6月20日 80万円(最低額)
  • 2021年6月21日から7月11日 52.5万円(最低額)
  • 2021年7月12日から8月31日 204万円(最低額)
  • 2021年9月1日から9月30日 120万円(最低額)
  • 2021年10月1日から10月24日 60万円(最低額)
  • 2022年1月21日から2月13日 60万円(最低額)
  • 2022年2月14日から3月6日 52.5万円(最低額)

協力金の支給合計(中小企業向けの最低額)

2020年 259万円 (2021年1月8日まで含む)

2020年 1,238.5万円

2020年 112.5万円

身近な行政書士へご相談ください。

コロナ関連情報は間違いが無いように、政府や自治体のWEBサイトが表示されます。それがかえってわかりにくい内容でお困りの国民がいらっしゃる。

それをお助けするのが、行政書士でございます。

岡高志行政書士事務所へのご相談は右下のチャットボットへ