(2021年に延期)池上駅ビルが2020年に完成予定、図書館もテナントとして入居します!

こんばんは。

大田区議会議員 岡高志です。
 
大田区を走る池上線。その中心駅である池上駅。木造平屋の駅舎が変わりまして、駅ビルが開発されます。

 

駅ビル外観イメージ

 

駅北口イメージ

 

(図は説明会資料から引用)
2017年6月 着工
2020年9月 完成予定
構内踏切を渡らないと五反田方面行きホームに行けない。
その構造が駅ビルとして、2階に改札を作ることでアクセスしやすくなります。もちろん、北側だけでなく、南側からも駅ビルにアクセス可能です。
線路は地下でも高架でもなく、地上のままです。
5階建の駅ビルとして、各階に商業店舗が入居します。5階には保育園が入居予定です。

【追記 2018/1/18】4階には、区立池上図書館が移転して入居します(東急電鉄と大田区で覚書締結)

【追記 2018/9/19】図書館フロア図
池上図書館

【追記 2019/6/10】
工事遅延により、2021年3月工事完成に延期。

【追記 2020/6/1】
図書館の概要が公表されました。

開館時間 : 9:00~21:00
ICタグシステム関連機器の導入
予約本自動受取機の導入
 
 
館内レイアウト
館内イメージ

(2021年に延期)池上駅ビルが2020年に完成予定、図書館もテナントとして入居します!」への3件のフィードバック

  1. jazztro

    地元住みですが、こんな建物まったく不要です。。。
    >構内踏切を渡らないと五反田方面行きホームに行けな
    い。
    むしろ段差のない踏切1つを渡れば済んだのに、
    改札から出るのに登って降りてが必要になる。
    >その構造が駅ビルとして、2階に改札を作ることでアクセスしやすくなります。
    今まで改札とホームが同じ地上にあり、段差がなく改札からホームが近く、非常に便利でした。
    改札が2階に上がることで、不便この上ない。
    高齢者や足腰の不自由な方が、いちいち階段やエスカレーター
    エレベーターを利用しなければならない。
    2階に昇り降りすることで、書き込み乗車などがより危険になる。
    池上駅の、地上駅ならではの素朴な雰囲気と構造が壊され
    駅ビルに客を誘導したい目的しかない構造になるわけですね。
    区議会は何も疑問を持たなかったのでしょうか?

  2. さいすけ

    現在の駅舎は、改札からホームまでほとんど高低差がなく、
    ホームの行き来にも平らな10数メートルの構内踏切を渡るだけで済みます。
    一方で新しい計画では、入り口から2F改札まで登り、
    さらに1Fに降りなければなりません。
    エレベーターやエスカレーターを考えても
    高齢者や脚の不自由な人にとって明らかに負担が増えます。
    階段を使う人のリスクも上がります。
    本当に利用者のことを考えて、この計画をご覧になりましたか?
    駅ビルの商業性に目を奪われていませんか?

コメントは受け付けていません。