持続化給付金(200万円上限給付)申請スタート

行政書士 岡 高志 でございます。

コロナウィルス対策 中小企業向けの政府支援の目玉とういうべき
持続化給付金の申請が本日スタートしました。

申請手続はとてもかんたんです。

給付の条件

2020年で特に厳しい月(1~12月)の売上げが前年比50%減の場合、
その月の売上げを年換算した額を、昨年1年間の売上げから引いた減少分を給付

かんたん解説動画

本当に簡単でした。
持続化給付金申請を業務としてお手伝いしようと思いましたが、ご本人が手続されるのが絶対簡単。

行政書士に依頼しないでください!

何かのついでの時でしたらお手伝いします。
もちろんお代は要りません。

給付上限額

中小企業 200万円
個人事業 100万円

受付窓口

持続化給付金ホームページ
5月1日に開設。初日はアクセスが集中していてつながりにくいので、あわてずご利用ください。
https://www.jizokuka-kyufu.jp/

給付までの必要日数

申請後、2週間程度で給付することが想定されています。

必要書類

  • 2019年の確定申告書別表一の控え(1枚、収受日付印が押されていること)
  • 2019年の法人事業概況説明書の控え(2枚、表裏)
  • 売上減少となった月の売上台帳等の写し 売上台帳、帳面その他の対象月の属する事業年度の確定申告の基礎となる書類が原則 スマホなどの写真画像でもOK
  • 法人名義の口座通帳の写し(法人の代表者名義も可)

留意事項

売上の減少は、2020年で特に厳しい月(1~12月)の売上げが前年比50%減の場合です。
2020年の中でそうした月を探してから、申請しましょう。

2021年1月15日までが申請期間です。