介護タクシーの許認可

行政書士 岡 高志 でございます。

介護タクシーは、普通のタクシーではありません。福祉輸送に限定することで、許可要件が緩和されています。

介護ヘルパーが有償運送すればいいのか。
それでも、二種免許と緑ナンバーの車両が必要。介護保険から報酬を得ようとする場合、個人事業ではなく法人として許可を得ておくことが必要です。

許認可手続きに際しては、車庫や自動車の形態など細かなところに注意が必要です。

介護タクシー許認可手続きの流れ

許可申請書の提出

提出先は、営業所所在地を管轄する運輸支局です。

法令試験及び事情聴取の実施

運輸局にて実施します。

審査

許可処分

(標準処理期間2ヶ月)

運賃・約款の認可申請、処分

(1ヶ月程度で認可)

事業の開始

介護保険の指定申請・変更申請はここからはじまります。

詳細はご相談ください。介護保険の指定申請も含めて、社会福祉士資格ももつ行政書士として真摯に対応させていただきます。

開業後の実績報告なども二人三脚でサポートさせていただきます。

初回相談料は無料です。
(電話・面談は60分以内。メールは当方からの返信2回まで。)

LINEでもご連絡できます。

下記のリンク、もしくは、QRコードからアクセスしてください。
https://line.me/R/ti/p/%40fvz5480o

参考)関東運輸局

http://wwwtb.mlit.go.jp/kanto/page2/bus_taxi.html

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ にほんブログ村 士業ブログへ 人気ブログランキングへ

投稿者:

Takashi Oka

岡 高志 行政書士事務所 ホームページ 高齢社会の地域の支え手として活動する行政書士。 大田区議会議員として8年、人生相談・生活相談・法律相談を承り解決。 銀行・投資会社に12年勤務し金融・税務・不動産に詳しく、社会福祉士として地域福祉・介護のネットワークづくりにも取り組む。 身近で頼れる専門家にお気軽にご相談ください。