総務財政委員会 第1定例会, 2019年 〜 蒲蒲線補正予算、国保保険料、入新井1小・赤松小基本設計、ユニークおおた〜

こんにちは。
大田区議会議員 岡高志です。
今回の定例会では、2/22、2/25、3/8の3日間の日程で総務財政委員会が開催されました。

議案は11件

平成30年度大田区一般会計補正予算(第4次)
総額67億円の減額補正。年度末の財政余剰をお化粧するもの。歳出面では、蒲蒲線・新空港線整備への積立10億円が目立つ、蒲蒲線補正予算。会派として反対を表明しました。
わが会派無印と共産のみ反対で、残念ながら賛成多数で可決されました。
詳細はブログを
平成30年度大田区国民健康保険事業特別会計補正予算(第2次)
賛成多数で可決。共産のみ反対。
平成30年度大田区後期高齢者医療特別会計補正予算(第2次)
賛成多数で可決。共産のみ反対。
平成30年度大田区介護保険特別会計補正予算(第2次)
賛成多数で可決。共産のみ反対。
大田区職員定数条例の一部を改正する条例
来年度の職員定数は4,135人で総数は変わりません。賛成多数で可決。共産のみ反対。
公聴会等に出頭する者の実費弁償条例の一部を改正する条例
公職選挙法施行令の改正に伴うもの。
全会一致で可決
大田区手数料条例の一部を改正する条例
建築基準法の改正により一部の手数料が新規に設定されます。
全会一致で可決。
平成30年度大田区一般会計補正予算(第5次)
プレミアム付商品券にかかる補正予算。
ブログをご参照ください。
賛成多数で可決。共産のみ反対。
職員の勤務時間、休日、休暇等に関する条例の一部を改正する条例
働き方改革関連法の施行に伴う、条例改正。
賛成多数で可決。共産のみ反対。
大田区国民健康保険条例の一部を改正する条例
保険料の値上げは歓迎出来ません。
今回は、賦課限度額が年額61万円と、58万円から値上がりする。
賦課限度額に均等割を1人分乗せて総額662,200円、月額55,000円余の支払いが必要な区民がいます。
ここまで医療保険にお金を払うものでしょうか。大田区としてデータヘルス計画の推進であるとか、ポリファーマシーの周知啓発に取り組んで、少しでも医療費削減の努力をしていただきたいと意見しました。

賛成多数で可決。共産のみ反対。

大田区国民健康保険条例の一部を改正する条例
共産党の提案した条例で、保険料の値下げを求めるもの。
共産のみ賛成で、反対多数で否決。

陳情は3件

人権・男女平等推進課が運営管理する同和関連事業費の削減に関する陳情
不採択
「ポケット労働法」の区内施設での無料配布・普及を求める陳情
不採択
国民健康保険の均等割をなくすよう国へ意見書をあげることを要望する陳情
不採択

報告は15件

大田区実施計画(平成29〜31年度)の更新
従来、区政は10ヶ年計画を策定しています。平成31年4月で区長任期満了になるため、あえて10ヶ年計画を作らず、つなぎの3ヶ年計画を策定しています。
平成31年度予算案が出たので、それを実施計画にも反映するもの。
次期基本計画策定に係る支援業務委託事業者の公募
新しい区長のもと策定する新10ヶ年計画の支援業者の公募。
区の基本計画なのに委託業者を頼らないと作成できないものなのでしょうか??
東急電鉄株式会社とのまちづくりの推進に関する基本協定締結
来年度予算に1,000万円を計上して空家活用などを協働します。
東電タウンプランニング株式会社との地域貢献型広告に関する協定締結
電柱広告の需要が弱まっているので、行政情報を無料掲載することで広告効果を高める狙いだそうです。
大田区行政情報モニター兼防災情報モニター事業者のプロポーザル選定結果
新しく表示灯株式会社が選定されました。
区に広告料として年間100万円支払われるのが評価ポイントだったそうです。契約期間は9年間。
大田区報編集業務委託に係るプロポーザル選定結果
引き続き株式会社文化工房が選定されました。
大田区シティプロモーション戦略パブリックコメント結果及びシティプロモーションロゴマーク区民投票結果
大田区のブランドを区民の参加によって決めようというならば、区民投票に相応の参加、最低でも区民の1割の参加が望ましいと意見しておりました。
結果、総投票数は、508票。区民の0.1%にも満たないレベル。
案を出した専門学校でも話題を呼ばなかったことが区内在学生の投票数から読み取れます。
区役所職員もほとんど投票していないことも読み取れる。
区民に認識されないロゴマークなんて。。。
公共施設の擁壁等現況調査結果及び維持管理方法
公共施設の擁壁等現況調査結果が発表されました。
大田区立入新井第一小学校及び仮称大田区立大森北四丁目複合施設の基本設計
大田区立入新井第一小学校及び仮称大田区立大森北四丁目複合施設の基本設計が示されました。
設計総額約2億円。設計料は工事費の5%という相場観からすると、
総工事費用は、40億円になります。
大田区立赤松小学校及び仮称大田区立北千束二丁目複合施設の基本設計
大田区立赤松小学校及び仮称大田区立北千束二丁目複合施設の基本設計が示されました。

こちらは、設計と施工を東急建設グループが一括して受託しています。
設計と施工で総額50億円の契約。大井町線に近接するので、工期と工費がかさみます。
人権に関する意識調査の結果
今回の調査では、性的マイノリティについての設問が初めて加えられました。
本庁舎戸籍住民窓口での転居届予約制度
昨年導入した転出届の予約制度に続き、転居届の予約制度が3/25〜はじまります。ちなみに、転出届予約制度導入の効果として、繁忙期の2、3月で100件程度の利用があったとのこと。
平成30年度大田区国民健康保険運営協議会答申
(平成31年度国民健康保険保険料率)
国民健康保険の保険料がまた上がります。
高額療養費の保険料賦課を進めていることも値上げに影響しています。
高額な医療を受けている方の自己負担分が全体の保険料負担増につながりすぎ。
高額療養費自己負担限度額を引き上げる。
そうしたことを国に声を上げるべし!
と求めました。
後期高齢者医療保険料軽減特例の見直し
社会保険制度の維持に努めてまいります。
OTAシティ・マネジメントレポート
平成29年度決算版の普通会計決算、財務書類などからなるシティ・マネジメントレポートが発行されました。
平成30年度の終わりになってようやく発行されるのは遅すぎないか?と指摘しておきました。