長原駅に戻ってきました

木曜日の今日は、再び長原駅に戻ってきました。
地元だけに皆さんあたたかい。
今日は、仲間がいなくて、1人で活動していましたが、上池台・千束の地域の皆様のお陰で充実した朝の政治活動になりました。
特に、学生が多いので、元気に挨拶をしております。
この後は、人生初の人間ドッグに行きまして、バリウムを飲みました。
意外に飲めるもんですが、まだ下剤が効いてこない なう

蒲田駅前デビュー

今日水曜日は、JR蒲田駅西口で演説を行いました。
大田区最大の駅なので、スピーカーのボリュームもアップ。
蒲田は、私が銀行員として社会人生活をスタートした思いいれある土地。
以降、12年間、私がビジネスを続けられたのは、蒲田でのお客様との出会いにあると再確認しました。
この日は、午前中いっぱい演説を中心に活動しましたので、街を行く様々な人からお言葉をいただきました。
民主党を心配するご意見は多かったです。
私は、新しい政治家として頑張っていかねば!

長原駅でも活動しています

火曜日朝は、長原駅で演説です。
駅に向かう道すがら、

自民党の大田区区議会議員 岸田哲治 さん

新人予定候補 馬橋靖世 さん

のポスターがちらほら、早く私もポスター作らなきゃ、ダメですね💦

おまけにやはり、新人予定候補 伊達淳一郎 さんとも、ニアミス

統一地方選挙が盛り上がりそうです😃😃
この日は、妻の母が、応援に来てくれたので、
演説の内容も、親孝行、の想いが中心になってしまい、
上の世代から受け継いだこの住みよい社会を子どもたちに、といった内容になりました。
妻の両親に対して、還暦祝いをしそびれてしまっていまして、心残りなのです。
私の通う政策学校「一新塾」の仲間で、親孝行にちなんだ、イベントを提供する
コトのセレクトショップを運営されています。
ご興味あらば、是非。
Sophy もありがとう!

ティーパーティー運動 (茶会運動)

ティーパーティー運動 (茶会運動)とは
アメリカにおける反オバマ政治運動
民主党のオバマ政権の経済運営や医療保険法改正に反対する、小さな政府を標榜する保守派の動きである。
共和党と結び付き、今回の中間選挙での下院議員での共和党圧勝に寄与している。
「ティーパーティー」(Tea Party)という名称は、当時の宗主国イギリスの茶法(課税)への反対運動 ボストン茶会事件(Boston Tea Party・1773年)に由来している。
このアメリカの運動は、政党が仕切るものではなく、草の根の活動として、広く全米にムーブメントを起こしている。
フリーダムワークスという共和党系のNPOが中心的に関与してはいる。
サラ・ペイリン前共和党副大統領候補がティーパーティー全国大会で、「アメリカは第二の革命に進もうとしている、みなさんはその一員なのです」と述べており、市民運動の力強さが感じられる。
しかしながら、リーダーの存在しない運動だけに、その先行きは読めない。
あまり、海外の政治運動の動向と日本のそれを結び付けることに意義は無いと考えていますが、
同時代性が感じられる動きには間違いない。
アメリカでCHANGEと叫んで大統領になったオバマ大統領と
政権交代を成し遂げた、鳩山前首相
そして、ともに経済の低迷に呑みこまれて、支持率を落としていく。
すると、政府が信頼できないのだから、行財政をスリムにして、税金を少なく、小さな政府を実現したいとの、民意になります。
そこから、アメリカと日本に差が出てしまうのは、
アメリカの前政権共和党は、小さな政府を標榜する保守派であったため、ティーパーティに支持されるわけですが、
日本の前政権自民党は、保守は保守なのだが、小さな政府という思想はない。
日本でこうした 小さな政府を実現しようとする草の根運動はどう形づくられるか。
私のような、一地域政治家にきっとひっぱっていく役割が求められる。

大岡山からのぞむ富士

今日も朝から大岡山駅前で演説。
(しつこいようですが、大岡山駅は大田区北千束3丁目にあります。)
昨日とは、うって変わって晴れわたる青空。
そして、遠くに見える富士山
北千束3丁目からの富士山
真ん中に、白く見えるのが、富士山の頂です。
(見えにくくて、ゴメンナサイ。)
富士山は、日本の象徴、そこにあるだけで、観光客が訪れて経済効果がある。
大田区も、羽田空港跡地開発というハコモノ投資に血眼になるのではなく、現状で活かせるものを活かして、大田区地域のブランディングをしなければ。
雄大な自然物との対比ではありますが、富士山から見習うことはあります。