洗足池自然観察会 最終回 ’18 冬

2011年6月5日にスタートした洗足池自然観察会

2018年2月4日をもって最終回とさせていただきました。

これまでの観察経験を活かして洗足池がより楽しい地域自然資源となりますよう引き続き尽力してまいります。

過去26回の観察会でのべ1,100人を超える子どもと保護者にご参加いただきました。
今回は最終回ということもあり、これまで何度も参加していた子ども達も多く参加してくれまして、感謝です。
なによりも、野外イベントでありながら、完全に中止したのは一度だけ!
天の神様にあたたかく見守っていただけたことにも心より感謝いたします。

いつもご協力いたただいてます
自然観察指導員東京連絡会(NACOT)の自然観察指導員のみなさまから、洗足池公園を熟知した立場からそれぞれの思いを持ったミニ教室を企画していただきました。

子どもも保護者も興味を持って観察することができました。
本当にありがとうございます。

まずは生き物を探す練習から

小さな動物が草むらに上手に隠れていることを導入として説明。
みんなで草むらの中の小さな動物を探してみます。

みつけた!!

ツチガエル(イミテーション)

ほかにも洗足池の生き物をみつけてみよう

冬の水鳥を何種類みつけられるかな?
水鳥観察中の子ども達
石垣の隙間にひそむクモについて
洗足池にはたくさんのコイやソウギョがいます。
コイが何を食べるの?
クイズ形式で解説。

観察会楽しかったです!!

洗足池が子どもたちに愛される地域資源でありますように、
これからも洗足池の魅力をのばしてまいります!

☆洗足池自然観察会のバックナンバーはこちらから。