プラチナえるぼし認定企業

行政書士業務のご紹介

外国人雇用の注意点 受入企業の基準が緩和されました

今年から、外国人受入企業(所属機関)の基準が緩和されています。 特に、技能・人文知識・国際業務の在留資格の場合、所属機関は、1~4までのカテゴーに分類されていまして、カテゴリーが2,3,4と上がるにしたがって在留資格認定証明書交...
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました