洗足池自然観察会 '17 春

24回目の洗足池自然観察会。

春の洗足池は色鮮やか!
子どもたちは色探しをしながら観察しました。
2313CC35-BA07-489C-95BA-BAC167E23259.jpg
色探しのビンゴカードをもって洗足池を巡ります。
0F6B5F95-3DAA-4576-809F-032D813E38C6.jpgいつもの水辺には、コウホネの黄色い花
スイレンのピンク、白も美しく咲いてます

他にも
ショウブ、ハナショウブ、ツツジ、、、

一番多い色は緑。
深緑、黄緑、薄い緑、、、
目線な貴重なショットです。

元気な子どもたちは虫に興味を持ちますね。

テントウムシ(まだ幼虫が多いです。)、カマキリ、クモ、ヤモリ、、、
いつもの観察員の先生方が、子どもたちに合わせて楽しく解説してくれました。
ありがとうございます。
次回は
8月3・4日 木・金曜日 19時半〜
恒例 セミの羽化の観察です

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
洗足池自然観察会バックナンバー
第1回 2011春
第2回 2011夏
第3回 2011秋 (11月26日開催 ブログなし;)
第4回 2012冬
第5回 2012初夏
第6回 2012夏の夜
第7回 2012秋
第8回 2013冬in多摩川
第9回 2013春
第10回 2013夏(大雨のため中止しました。)
第11回 2013秋
第12回 2014冬
第13回 2014初夏
第14回 2014夏の夜
第15回 2014秋
第16回 2015冬
第17回 2015初夏
第18回   2015夏の夜
(中止)   2015秋
第19回 2016冬
第20回 2016春
第21回 2016夏
第22回 2016秋

第23回 2017冬

洗足池自然観察会 '17 冬

23回目の洗足池自然観察会。
今回はインターンの大学生Mさんにレポートしてもらいました。

観察員の先生から「キンクロハジロ」について学びました。キンクロハジロは金色の目に、オスは黒、メスは茶色の羽を持つ鳥で、エサは水に潜り貝などを食べるそうです。 
9F27CC82-4934-4791-951B-7ED8CCCE7D24.jpg


その他にも、カモの種類を沢山教えてもらい1時間ほど公園を廻りました。 F8AF59B3-4C0F-4520-8E63-F51AD3C1A018.jpg

 私は親御さんと共に廻ったのですが、子供はすぐ色んなものに気付き好奇心旺盛なため、普段なら見逃すような小さな事を探したり…と小学校の理科の時間を思い出しながら参加しました。
466750EA-82E4-4988-A0D0-2281B8DB8FEA.jpg
ここまで。インターンMさんのレポートでした。
041DD899-F165-4FC4-BADB-B2408F274A94.jpg
写真は、ゴイサギ
いつも木の上にいることが多いのですが、この日は葦の茂みで日向ぼっこ。
子どもたち目線な貴重なショットです。
いつもの観察員の先生方が、子どもたちにちょうどいい観察対象を探してくれます。

次回は
5月12日 日曜日 11時〜

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
洗足池自然観察会バックナンバー
第1回 2011春
第2回 2011夏
第3回 2011秋 (11月26日開催 ブログなし;)
第4回 2012冬
第5回 2012初夏
第6回 2012夏の夜
第7回 2012秋
第8回 2013冬in多摩川
第9回 2013春
第10回 2013夏(大雨のため中止しました。)
第11回 2013秋
第12回 2014冬
第13回 2014初夏
第14回 2014夏の夜
第15回 2014秋
第16回 2015冬
第17回 2015初夏
第18回   2015夏の夜
(中止)   2015秋
第19回 2016冬
第20回 2016春
第21回 2016夏
第22回 2016秋

洗足池自然観察会 ’16 春

今回の自然観察会は記念すべき第20回!
楽しみに来てくれる子どもたち、毎回さまざまなアイデアで充実した観察会にしてくださる指導員のみなさま、そして、洗足池の自然に感謝です。
洗足池といえば、昔は勝海舟さんが別荘にしていて今もお墓に眠ってるのですよ。
と冒頭レクチャーしましたが、
ちびっ子も小学生低学年も勝海舟さん知りません。
歴史の勉強会ではなくて、自然観察会でしたね。
洗足池ゆかりの勝海舟さん、その記念館整備についてを私、4年前から提言しております。

4年前の予算特別委員会



さて、その、勝海舟さんのお墓のそばの松林から、観察開始。
みんな、松の高いところを見つめています。
43177B9C-3A4D-4541-8678-2980888FE128.jpg

「ツミ」の巣がありました。
ツミは、ワシやタカなどの猛禽類で、ふだん、お目にかかれません。 

CBD23826-6CB6-426F-B34B-A162E3758B9D.jpg
事前に見つけた小さな生き物をレンズ付のケースでのぞいています。
D3D28733-53A0-4517-9C20-D799C9AD70B7.jpg
スッポン
ちっちゃいけど、噛みついたら離さないので、注意しつつ注視。
43D4D78F-01FB-4D40-84B3-C623B0A7E0EA.jpg

E4ECB296-6456-4030-900E-783E577D6FCD.jpg
サクラの葉の秘密を教えていただいたり、
349BFA7A-3170-42FF-B2A1-D44715C010AB.jpg
アジサイについても教えていただきました。
この日は、水面に睡蓮が生い茂ってまして、お花も咲いています。
睡蓮との違いを教えていただきました。

最後はシジュウカラの巣箱を見つつ、
157EF63F-9E76-42EA-82E7-65FB5691BCD5.jpg

巣箱の中身についても、教えていただきました。
3F315DF2-7FA6-4D74-A96B-3C081817AF0E.jpg

保護者の方の感想を一部ご紹介します。
楽しく勉強になりました。また子どもと一緒に自然に触れ合う時間を作りたいです。
ふだん遊びに来る身近な洗足池で様々な生き物が見られることが楽しかったです。
ゆっくり観察できるよい機会になりました。ツミがみられて良かったです。
子どもが見つけた虫のことを、これはね、と教えてくださったので、いつもは虫に興味のない子どもも興味津々でした。はすと水蓮の模型もわかりやすかったです。


子どもの感想を一部ご紹介します。
すいれんとはすのちがいが初めて分かりました。
スイレンは水にうかんでいてハスは長いくきの上にあるものだと分かりました。
学校でしつ問された時こたえられるといいです。

このブログでは写真も多用して解説していますが、実際に洗足池に足を運ぶと、自然の生き物をもっと楽しむことができます。
そして、指導員のみなさんの観察眼は、新しい発見を提供してくれます。
ぜひ、次の機会に洗足池自然観察会にご参加ください!

次回は
8月2日 火曜日、3日 水曜日 夜

セミの羽化観察会を予定しています。
大人気企画なので、2日に分けて開催します。
内容は同じです。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
洗足池自然観察会バックナンバー
第1回 2011春
第2回 2011夏
第3回 2011秋 (11月26日開催 ブログなし;)
第4回 2012冬
第5回 2012初夏
第6回 2012夏の夜
第7回 2012秋
第8回 2013冬in多摩川
第9回 2013春
第10回 2013夏(大雨のため中止しました。)
第11回 2013秋
第12回 2014冬
第13回 2014初夏
第14回 2014夏の夜
第15回 2014秋
第16回 2015冬
第17回 2015初夏
第18回   2015夏の夜
(中止)   2015秋
第19回 2016冬