大田区内のベビーホテルの死亡事故

おととし3月(2016.3.16)、生後6か月の女児が、大田区の24時間型ベビーホテルで死亡する悲しい事件が起きました。
都の検証委員会(東京都教育・保育施設等における重大事故の再発防止のための事後的検証委員会)が詳細な報告書(東京都教育・保育施設等における重大事故の再発防止のための事後的検証委員会報告書)をまとめています。

地元自治体の政治家として、このような事故が再び起こることのないように努めてまいります。 続きを読む 大田区内のベビーホテルの死亡事故

大田区の都市基盤整備事業に関して政策要望を提出しました

昨日3月26日付で、会派 たちあがれ・維新・無印の会 として 大田区の都市基盤整備事業に関して政策要望を提出いたしました。

3人の子どもの親として私自身、公園をさまざま見てまわったことや、
学生インターンとともにうかがった公園利用者の声も反映しております。

facebookのアルバムもご参照ください。


続きを読む 大田区の都市基盤整備事業に関して政策要望を提出しました

自治体のシステム運営コストを抑える取り組み 〜 渋谷区の事例

渋谷区/システム経費厳しく査定/担当課長設置し、業務改善

自治体職員は、システム運営のスキルが必ずしも高くない。
システム運営コストについては、大手ベンダーの言い値となっている可能性もあるから、
民間経験のある目利きの存在が必要だと思います。

都政新報 3月23日付記事より


続きを読む 自治体のシステム運営コストを抑える取り組み 〜 渋谷区の事例

おおたキャナルサイドウォークを歩いてみました。

平和島の冷蔵倉庫が建て替えられ、その周りが大田区に公園提供されてましておおたキャナルサイドウォークがひっそり誕生していました。
親水公園としてどうなんだろ?
そんな思いを抱きつつ歩いてみました。

東京団地冷蔵株式会社ホームページの概略図を引用


柵が多すぎて、親水空間らしくない歩道と感じられます。

2015年に区議会でも報告されたように
船着場、歩道、トイレ、緑地、LED街路灯、が整備の予定。

現状では、歩道、緑地、LED街路灯 が整備されたにとどまり、船着場やトイレがこれから整備されます。
その進捗によって、また、風景が変わってきそうです。