学校不祥事案件 〜 体罰

学校不祥事は、教員の逮捕や情報漏洩だけでなく、
教員から子ども達への暴力行為である体罰があります。

私はすでに区議会議員ではありませんが、引き続き体罰事例は備忘のためブログに更新しています。

行政書士の立場で課題解決につき相談を承ることもできます。
お困りごとがありましたら、気兼ねなくご連絡ください。
続きを読む 学校不祥事案件 〜 体罰

最新版 大田区 待機児童対策 2019年度 待機児童数は116人

元・大田区議会議員の岡高志です。

大田区の待機児童対策を区議会議員の8年間に強く取り組んでまいりました。もう議員ではありませんが、毎年度5月ごろに発表される待機児童数には引き続き関心を寄せてブログで発信します。
ちなみに、今年は5月27日のこども文教委員会で公表されました。

大田区の待機児童数は116人

続きを読む 最新版 大田区 待機児童対策 2019年度 待機児童数は116人

大田区立小中学校 改築ニュース

大田区立小中学校の改築情報をまとめています。
リーマンショック後の財政難から、改築ペースは当初の年2校から1校に減速。平成27年度から2校ペースに戻ったところです。
古い学校が特に大田区では多いので、ペースを上げるべきです。
必要があれば、統廃合も行って、早期に古い学校を更新することを求めています。

 岡 高志 行政書士事務所オフィシャルサイト
岡 高志 行政書士事務所オフィシャルサイト
https://okatakashi.net/archives/365
続きを読む 大田区立小中学校 改築ニュース

大田区 保育園の申込締切は今年も11月30日です。

大田区内の認可保育園・小規模保育所の
2019年4月入園申込み受付期間は、2018年10月1日(月曜日)から11月30日(金曜日)までです。

続きを読む 大田区 保育園の申込締切は今年も11月30日です。

大田区の児童相談所開設計画 〜 品川児童相談所からの移管を求める

こんにちは。
大田区議会議員 岡 高志です。

児童虐待防止に向けた 児童相談所の機能強化について、大田区の現状をお示しします。

2016年5月に改正児童福祉法が成立し、特別区においても児童相談所を設置できることとなりました。
大田区でも、改正児童福祉法の施行後5年(2022年)を目途とし、区が運営・管理する児童相談所の整備をめざします。
児童相談所の設置にあたっては、一時保護所を含めた施設整備や、児童福祉司等の専門的人材の確保・育成など、様々な課題を解決し、十分に対応できる体制を整備することが急務となります。

さて、今年3月に、大田区児童相談所の基本構想・基本計画が策定されています。
現状の区の子ども家庭支援センターの虐待対応部門とともに、一時保護所を含めて児童相談所が設置されます。

児童福祉に携わる方の意見を聞かせていただけると有り難いです。


続きを読む 大田区の児童相談所開設計画 〜 品川児童相談所からの移管を求める

ブラック部活動の抑制に向けて生徒たちの意見も反映されることを願います。

こんばんは。
大田区議会議員 岡 高志です。

生徒・教員の負担が重くなっているから、部活動の総量抑制をするべし。

大田区議会でたびたび主張してまいりました。

今月のこども文教委員会で、大田区立中学校の部活動の方針が示されました。

大田区立中学校に係る運動部活動の方針

続きを読む ブラック部活動の抑制に向けて生徒たちの意見も反映されることを願います。

教育の安全、子どもの自殺という領域について妥協せず発言しています。

大田区議会議員 岡 高志です。
2017年の年頭に議員としての6年の活動を振り返ります。

教育の安全、子どもの自殺

私は、3人の子どもの父親として、子どもたちの明るい未来を守るために働くべく議員になりました。
子どもたちの明るい未来を守るために、学校教育の影の問題点を行政にからめとられることなく指摘してきました。
子どもや保護者は時に学校に対してモノが言えないこともありますから、議員の立場から代弁させていただいてます。 続きを読む 教育の安全、子どもの自殺という領域について妥協せず発言しています。

続(涙)大田区の教育のICT化の実態が貧困なこと

ドナルド・トランプが大統領選に勝利!
01B97385-C87B-4702-ADE9-57285E4B9117.jpg

このタイミングで、大して知りもしないアメリカ政治のこれからを語るわけでもなく、
私にとって重要課題である大田区の教育について語ります。
昨年、大田区の教育のICT化の実態が貧困なことを記事にしましたが、残念ながら、続編ブログを書きます。
スクリーンショット 2016-11-09 15.33.09.png
更新された文部科学省の調査と、政府統計をベースに、
大田区の教育のICT化の実態をまとめると、

  • 普通教室へのLAN整備率 3.1%(前年0.9%) 23区ワースト 東京都平均94.8%(前年93.1%)
  • 教育用コンピュータ 一台あたりの児童数は14.7人(前年13.5人) 23区ワースト 東京都平均5.1人に一台(前年5.5人)
  • 電子黒板の普及教室率 24.4%(前年14.7%) 東京都平均72.5%
    ※昨年は小学校・中学校に分けてのデータを分析しましたが、今回は公立学校全体のソースをベースとしました。

大田区の昨年平成27年度の取り組み

ICT活用推進モデル校 北糀谷小学校と蒲田中学校において、
全普通教室にスライドレール式電子黒板、実物投影機、無線LANアクセスポイントを設置
教員用のタブレットPCを各校20台、児童・生徒用タブレットPCを各校40台配備
これでは、大田区全体には影響が及ばないので、さらなる充実を私も議会で求めました。

平成28年度予算

モデル校以外の区立中学校全校に校内LAN環境を構築
移動式電子黒板を各校3台ずつ追加配備(中学校には計8台の電子黒板が配備)
まだまだ、全体の水準に追いつきません。
ICTに慣れ親しんでいる小学生のレベルにおいても、ICT環境の充実が急がれるところです。

大田区でも運動会の組体操で大怪我が発生しているのに。

学校リスクについて、いまや日本を代表する研究者となった
名古屋大学の内田良准教授の問題提起により、運動会での組体操の危険性について、
昨年、大きな話題になりました。

小学校の運動会での、組み体操で大田区でも事故が発生しています。
昨年、5月5人ブロッケンで 左手首骨折、6月3段ピラミッドで 尾骶骨骨折という事故がありました。

ところが、今年1月の子ども文教委員会で
組体操による事故の報告を求められた指導課長は、大きなけが等の事故はない。と答弁にとどまっていました。
社会問題となった組体操事故に対しての答弁としては、甚だ不正確である、と質しましたが、
大きなケガとは思わないとの答弁でした。
以上は、予算特別委員会総括質疑 2016.3.9より、一部文字起こしをしたものです。
動画はこちら

大丈夫かいな。。。
組体操をやめるべきでは?
という問題認識にまではとどかなそうです。

大田区立中学の進路指導の教員が私立高校から接待を受けた件

大田区立中学校の進路指導の教員が私立高校から接待を受けた件について、
東京新聞などで報道されていました。
遅まきながら、
予算特別委員会総括質疑 2016.3.9での私の質疑を、一部文字起こしによりふりかえります。
動画はこちら

私は、かねがね教育委員会事務局の隠蔽体質だけでなく、
教員のモラル低下に警鐘を鳴らしています。
学校不祥事案件 大田区の最近
昨年平成26年度は教員の逮捕が2件。盗撮、児童ポルノ。
【Q】今年度は、公然わいせつで略式起訴された教員がいる。通常この種の不祥事は議員一斉メールでも公表されるのだが、なぜ公表されてないのか?
【A】昨年11月4日の早朝に教員が自宅の敷地内での行動によりまして、警察の取り調べを受けまして、公然わいせつ罪で罰金刑を受けました。
現在、この教員に対しては、東京都教育委員会から近々に処分が発令される予定で、報道機関に情報提供がなされる予定です。

【Q】今年度、ほぼ全ての中学校の進路指導主事の教員が私立高校から接待を受けたと聞いている。
学校職員服務取扱規程では、利害関係人からの利益供与を禁止している。
これに抵触すると考えるが、この事実はなぜ公表していないのか?

【A】入試説明会に教員が参加して金品を受け取ったケースです。
他の自治体の教員も含まれるので、東京都が全体を取りまとめています。
これまでも、東京都は処分が確定した後、報道機関に情報提供しています。

【Q】どこの高校から利益供与を受けたのか?
【A】お答えすることはできません。
【Q】なぜ答えられない?
【A】東京都が全体を取りまとめていますから。

今日になって、毎日新聞の報道で、
大森学園高校だったことが、明らかになりました。
20年前からやっているとのことだそうで、古い体質が改善されることを願います。