国づくりはひとづくり〜原点回帰の国民民主党

4月最初の金曜日夜は国民民主党の党大会に参加。

2010年に民主党の党員になりましたが、党大会って参加するの、実ははじめてです。

代表選挙があるわけではないので、今年度の党の方針が示されて拍手で承認される場です。

その機会に各候補者のプレゼンテーションもなされます。今年は都議選も大イベントなので、僕ら都議選の候補予定者もご紹介していただきました。

メインは、玉木雄一郎代表のプレゼンテーション。

そこに、国民民主党の今の方向が集約されています。

21世紀に入って他国比較で低迷し続けているのが、日本の現状です。

ここで終わると、ただの評論家です。

政党たる国民民主党の解決策は、

教育の完全無償化!リカレント教育含む!40歳過ぎてからも学ばないと、現代社会に対応できないのではないかと。長い人生ですから、学び直し大切です。

子ども1人1,000まんえん!!保育・教育の無償提供という現物給付や子ども手当の現金給付を合わせると、すでに結構な金額は給付されてるから、1,000万円も非現実的な数字ではないと。1,000万円も国がお金つけてくれるなら、子どもつくろうか?

財源論は定番のこども国債
こどもが大きくなって稼げるようになったら、
返済してもらうわけです。

そしてたどり着くのは原点回帰。

あわせて、衆議院議員の予定候補者のプレゼンテーションもありまして

元都議会議員の田中健さん
お茶畑に癒されます。

最後はみんなで集合写真

最後列の真ん中へんに私

よく見えないので、政党マスコットのツーショット!

思いのほかしっかりした存在感の
こくみんうさぎと岡高志

私、岡高志は6月25日告示の都議会議員選挙に出馬する立場ですので、東京都でしっかりと役割を果たします。

来年の党大会は、都議会議員として参加しなきゃ。