大田区区議会議員定数の削減

区議会を変えたい! との志を前回お伝えしました。
区議会議員の議論を活発にするには、
議員定数の問題も合わせて考えなければなりません。
私 岡高志 は、大田区の区議会の定数を削減したい。
地方議会の定数の上限は、地方自治法で定められています。
東京の特別区は 56人
ちなみに、人口50万以上90万未満の市も、 56人
上限であって削減は条例で決定できます。
現在の大田区区議会の定数は 50人なので、上限より少なく設定しています。
でも、
60~70人という大勢の立候補者から、1人を選べますか?
人口に比例して、議員の数を増やさなければなりませんか?
大田区区議会の選挙区は区割りが無いので、全体の候補者から選択しなければなりません。
では、区割りして大田区内に選挙区を複数作るべきか、というと、
特段、区内の細分化された地域代表としての性格を区議に持たせる合理性が無いので、賛成できません。
市町村合併などにより、地域性が異なるなどの背景があれば、別ですが、大田区の区議の場合は、全ての大田区民の代表として行動するべきだと考えます。
私は、大田区の区議会の定数を削減したいと考えます。
委員会との関係もありますが、半数の25人が適正ではないでしょうか。
コストについては、本給だけでも 実に約2億円の削減になります。
もちろん、少数精鋭の区議会議員による議論の活発化が本旨です。