もっと簡単な候補者の選び方 ~【続】地方自治体議会議員選挙での候補者の選び方

4月の大田区長選挙に出馬表明した岡 高志でございます。

当事者の立場から選挙をブログでわかりやすく分析しています。有権者の皆様が注目されるであろう地方自治体議会議員選挙での候補者の選び方を2019年もお示しいたします。

昨日のブログでは選挙公報をベースにした政策の面からの候補者の選び方をお示ししました。
https://okatakashi.net/archives/4730
今日は、インターネットを活用したもっと簡単な候補者の選び方をお示しします。 地方選挙では、選挙期間が短い(区議会であれば、7日間)ので、選挙公報を入手して投票日までにあまり時間がないのが現状です。 そこで、文明の利器、インターネットの登場です!

1立候補予定者の一覧を探す

選挙告示前でも、あなたのお住まいの自治体名+「議会選挙」で検索すると、 たいてい立候補予定者の一覧をまとめたサイトがでてきます。

大田区では、私のブログ「2019年 大田区議会議員選挙の立候補予定者の動向」が好評いただいています。

2現職1期目 or 新人候補を抽出

大胆かもしれません。
でも、インターネットで候補者を選ぼうとしているあなたは、議員とのリアルな付き合いがないはずです。 もしくは、リアルに知っている議員のことをこころよく思っていないのでしょう。
現職2期目以上の議員は、何度も選挙を乗り越えて、それなりの支持者集団に支えられています。つまり、あなたの支えをそれほど重視していないでしょう。現職1期目、新人候補がほとんどいない自治体でしたら、現職2期目も加えてもいいでしょう。

3抽出した候補者のインターネットの活用状況をチェック

各候補者のウェブサイトやSNSにアクセスして、3ヶ月以内に更新されているかを確認します。 インターネットで候補者を選ぼうとしているあなたにとっては、 インターネットで発信している候補者でなければ対象になりえないので、この条件でふるい分けます。
あなたが、SNSユーザーであれば、SNSでの発信がある候補者がよりいいでしょう。 ついでながら、候補者をフォローしてあげてください!

4候補者があなたの望みを実現できるのか聞いてみよう!

選ぶことを中心に考えてきましたが、
候補者の考えを直接聞いてみましょう。

身近な地方自治体議会議員ですから、候補者は有権者の皆様一人一人の声に耳を傾けることができるはずです。
あなたの期待することを候補者に直接投げかけてみましょう!
E-mail、twitter、facebook、LINE、instagram、候補者が公開している窓口にアクセスするだけです。
あなたの個人情報(住所・氏名・年齢など)も伝えた上での問い合わせの方が候補者は対応しやすいですが、 もちろん、匿名で構いません。
候補者の回答を集めて、ベストアンサーな候補者に投票しましょう!
回答をしてくれない候補者は論外です。
でも、選挙期間中は超絶忙しいので、思い立ったら早めに質問を投げかけてください。そして、質問は簡潔に。

5候補者に応援のメッセージを送ろう!!

投票を決定した候補者に応援のメッセージを送ってみましょう!
応援のメッセージは候補者の励みになります。
候補者を盛り上げて育てることは有権者の大切な役割です。

投稿者:

Takashi Oka

岡 高志 行政書士事務所 ホームページ 高齢社会の地域の支え手として活動する行政書士。 大田区議会議員として8年、人生相談・生活相談・法律相談を承り解決。 銀行・投資会社に12年勤務し金融・税務・不動産に詳しく、社会福祉士として地域福祉・介護のネットワークづくりにも取り組む。 身近で頼れる専門家にお気軽にご相談ください。