田園調布せせらぎ公園の整備計画

4月の大田区長選挙に出馬表明した岡 高志でございます。

お問い合わせが増えてきたので、田園調布せせらぎ公園の整備計画をまとめます。

文化施設を新たに建設します。

工期は、2020年5月15日まで、地元の小学校OBでもある隈研吾さんの設計による建物となります。現在の休憩所は文化施設完成後に取り壊します。

2018年12月の議会で工事契約が議決されました。
工事単価が高いのです。
建物の詳細やスケジュール
区役所のサイトから引用。
http://www.city.ota.tokyo.jp/chofu/ts_denen_chofu/dekigoto/seseragi_master-plan.html
各担当の連絡先も掲載されています。

屋内スポーツ施設も整備します。

公園に隣接する宗教団体・誠成公倫の土地を譲り受けることになり、そこに建設します。文化施設完成後の2023年以降にオープン予定。

大田区のスポーツ施設は臨海部に多くて、地域偏在が指摘されてまして、田園調布エリア待望の屋内スポーツ施設です。

公園の高台にある田園調布富士見会館は大規模改修をして、田園調布特別出張所と地域包括支援センター田園調布を移転。

2021年完成予定。

公園内で工事が続くため、一時的に一部の広場が使えなくなることもあります。

田園調布崖線の緑豊かで湧き水の潤いもある。文化の香り漂う緑豊かなゆとりと潤いのある公園にしたいという設計コンセプトですので、出来上がりに期待です。

追記 2019.6.17

施設名称は、"田園調布せせらぎ館"に。。。