北朝鮮による拉致犯罪の解決へ向けて

目黒区倫理法人会主催のイブニングセミナーに参加してまいりました。
第一部:山田宏前杉並区長「教育再生で日本を立て直す」
第二部:横田滋・早紀江ご夫妻からのメッセージ
青木英二目黒区長もご挨拶に立たれました。
image-20120316200420.png
私は、北朝鮮による拉致犯罪は許されるものではなく、被害者の返還など早急に解決されなければならないと考えております。
この日、拉致被害のご家族である横田滋・早紀江ご夫妻のメッセージを聴き、その想いを強くいたしました。
横田めぐみさんが失踪したのは1977年 私が1歳のころです。
かわいい盛りの13歳のめぐみさんを失った、横田滋・早紀江ご夫妻は手を尽くして、めぐみさんを探します。
テレビの人探し番組にもアクセスしたそうです。 私が小さい頃、よく人探し番組がありましたが、こうした北朝鮮による国家的犯罪の被害者も多く含まれていたのかなと思いました。
しかしながら、めぐみさんは新潟から海を渡って北朝鮮にさらわれていったわけで、有力な手掛かりに触れることなく、おそらく多くのガセネタに悩まされながら、横田滋・早紀江ご夫妻は苦しい日常を送ったわけでございます。
20年もたった1997年の衆議院予算委員会で北朝鮮による拉致犯罪の疑いについて質疑が行われ、北朝鮮による国家的犯罪が明るみにでました。
過去にも、そうした国会での指摘はあったものの、AERA、NHKなどのメディアも盛んに報道することで、国民的関心事となりました。
ここにいたって、拉致被害者ご家族のみなさんも奮い立ち、実名をだし、メディアに出て、拉致被害者救済を求める国民的運動がはじまったのです。
政治・メディア・当事者の協働が問題解決の大きな力となると思います。
ただ残念なのは、当時の拉致議連の中山正暉議員が北朝鮮に乗り込んだものの、拉致犯罪の解決への態度が消極的になってしまったこと。
その後、平沼氏、安倍氏の活動により拉致犯罪解決への機運が高まり、
2002年の小泉総理訪朝、地村保志・地村(浜本)富貴恵夫妻、 蓮池薫・蓮池(奥土)祐木子夫妻、曽我ひとみさんの5人の帰国という結果につながった。
2004年には、さきの帰国者の家族の帰国が実現された。
拉致被害者のうち、5人帰国、13人は死亡していたとのことで一旦、交渉は休止してしまっている。
ここにおいても残念なのは、日本政府のリーダーシップの欠如というべきであります。
小泉・安倍体制で、北朝鮮の拉致犯罪を国家の主要課題に据えて、安定政権の中で、しっかりと外交交渉を行った結果、一応の成果が得られた。
その後、安倍、福田、麻生と自民党の短命政権が続き、外交の当事者能力を失った。
すぐにトップが変わる国とまともに外交交渉をする訳がありません。
そして、民主党に代わり、多くの政治課題の中に埋没してしまった感もあります。
しかしながら、今、野田政権、総理も拉致解決への想いをこめたブルーリボンをつけておられ
そして、拉致問題担当大臣は 長く拉致解決に取り組んできた 松原仁大臣
この体制で、北朝鮮の新政権に対して力強く拉致解決に向けた取り組みを進めていただきたい。
もちろん、野田政権の基盤が安定的であることが必要不可欠であります。
政治だけではなく、
国民もまた、北朝鮮による国家的犯罪を強く糾弾する想いを強くしなければなりません。
同じ日本人の身体・人権を著しく傷つけた北朝鮮の国家的犯罪は許されない。
横田早紀江さんがおっしゃられた中で、最も心に刻まれたのは
北朝鮮に拉致された国民をすぐに救えない この国はどうなのか?