龍子記念館 行って観ましょう!

龍子記念館
image-20120106185303.png
大田区中央 臼田坂の下にあります。
車でのアクセスが今ひとつなので穴場的な存在の美術館。
日本画の巨匠。川端龍子。
横山大観と並ぶ日本画の巨匠です。
ここでは、1966年になくなられた川端龍子さんの作品が100点ほどあり、企画展にあわせて展示されます。
川端龍子さんの死後、1991年に作品、記念館、自宅やアトリエが大田区に寄贈されて、大田区立の美術館となりました。
今では専門の学芸員も配置されて、大田区として素晴らしい川端龍子さんの作品を保管しています。
まさに、川端龍子さんの作品は大田区区民の宝であります。
この日はリニューアルオープン記念展。
川端龍子の特長である壮大な日本画の展示です。
幅7mを超す大きな絵。
色彩あざやかな日本画。
龍子の龍の絵も何点か。
言葉では十分に表現できません。著作権の問題もあり、画像も掲載できません。しかし、入場料は200円。行って観ましょう。
辰年の今年、龍子記念館、おすすめです。