保健福祉委員会 11月

本会議が開催されていない期間は、委員会には議案は付託されていませんから、この日は、所管事務報告

高齢者見守りチェックシート

介護保険事業概要

障がい者総合サポートセンター

  障害者のための総合施設がH26年の完成予定で計画されています。

  実施される機能は下の図を参照ください。

  建物の基本設計がはじまっており、細部の詰めが進んでいきます。 

岡高志 オフィシャルブログ「大田区議会日記 」Powered by Ameba

特定健康診査及び特定保健指導等実施結果

  いわゆる メタボ健診 

  高齢者の医療の確保に関する法律のなかで、医療費抑制のために特定健康診査制度が導入されています。

  私が、決算特別委員会で質問しましたが、大田区の国民健康保険でも医療費抑制は課題で、そのためには区民が健康であることは大切です。

  下表は、大田区の特定健診とその後の指導の実施結果。 (どちらも無料

  特定健診の対象者 125,475人という数字は、会社健保などの同じ年齢層の区民が30万人なので、とても多くの区民が国民健康保険に加入していることがわかります。

  40-64歳の特定健診受診率は 25%

  忙しいとかで、4人に3人が受診しないのです。自分の健康状態を知ることから健康管理は始まります。

  受診料は無料です。

  健診で指摘された人が受ける特定健康指導の実施率は 20%程度

  こちらも無料ですが、面倒だとかで、受診しない。 健康状態に問題があるとわかっているのに。。。

  特定健診は今年は12月末まで受診できます。

  無料です!

岡高志 オフィシャルブログ「大田区議会日記 」Powered by Ameba
積極的支援は6ヶ月間継続的に実施。

動機付け支援は、原則1回。