洗足池のアヒル

一時、洗足池にいた アヒル
傷ついて、弱り果てていた アヒル
NPOの施設に保護されました。
洗足池のアヒル
ペットとして飼育されていて何らかの理由で遺棄された アヒル
野生の環境になじめず弱り果て、最期を待つだけだった アヒル
近隣の優しい方々が 心配されて 公園管理事務所や区役所にはたらきかけて
区役所でも ボランティアの獣医さんに手当をお願いしたり
ようやく 保護していただける NPOの施設 が見つかりました。
近隣の人々にも、 行政側にも、 NPOにも迷惑がかかります。
ペットの飼育には、最後まで責任を持つ。
責任を持てないなら、飼わない。