地域・産業委員会 7月

地域・産業委員会 7月

●報告は16件


たくさんありますので、詳細は十分に記載できません。
ご質問ありましたら、お知らせください。

「休養村とうぶ」ノロウィルスによる食中毒の発生


6/26から移動教室で宿泊していた六郷小学校、中萩中小学校の児童らが食中毒被害を受けた。
その後の移動教室の学校は日程延期となりました。
原因は調理職員がノロウィルスに感染していたため。

平成25年度地域力応援基金助成事業(スタートアップ助成)交付事業

7件 280万円が交付決定されました。

直木賞作家 安部龍太郎氏 講演会 実施結果

253名が参加。

国民健康保険窓口業務等の委託

窓口業務のうち、届出書の受付、窓口での情報入出力、問い合わせ対応、来庁者への案内業務などを来年度から外部業者に委託します。

10人分に相当する正規職員が削減できます。
その分、保険料収納業務、医療費適正化といったこれから注力しなければならない業務に人員が配置されます。

ちなみに、すでに外部委託がなされている 戸籍住民課の状況につき質問しました。
現状、委託は全体の4割の業務量
約1億円の委託費を支出しているので、15人分程度の席職員削減効果があります。

24年度収納状況

収納対策、滞納整理への取組みが進んでおり、収納率は改善している。
特別区民税(現年分)–97.83%(YOY+50bp)
国民健康保険料(現年分)–85.88%(YOY+135bp)

平成25年7月大田区中小企業融資あっせん審査会結果報告

大田モノづくりフェスタ「大田の工匠」展の開催

医工連携シンポジウムの開催

「第6回大田区加工技術展示商談会」実施報告

「第17回機械要素技術展」への共同出展結果

タイ中小企業とのポータル商談会の報告

おおた工業フェア出展者募集

「新製品・新技術コンクール」および「ビジネスプランコンテスト」の募集

「大田区優工場」の募集

羽田空港跡地PRリーフレット「(仮称)羽田グローバルアライアンスセンター」

国・都への説明用に400部作成。
羽田空港跡地に設置予定の産業交流施設が

「(仮称)羽田グローバルアライアンスセンター」

として動き始めます。