都市整備委員会 第4定例会 3日目 2015年

今回の委員会は、定例会中につき、付託議案の審査、関連する補正予算・所管事務の審議を行います。
1日目に議案の審議をして、
2日目に採決、および、関連する補正予算・所管事務の審議を行います。

●議案 2件

大田区空家等対策審議会条例


空家等対策の推進に関する特別措置法の規定に従い、大田区でも空家等対策審議会を設置するもの。
空家判定のみならず、空家等対策計画を作成します。

空家等対策の推進に関する特別措置法は、平成26年の法律ですが、
すでに、大田区では平成24年に空き家の適正管理に関する条例(空家条例)が制定されています。

特別措置法と空家条例がオーバーラップする部分もあります。
すでに、空家条例に基づく空家判定委員会はあります。
(いつかは整理されるものと思います。)

今回の空家等対策審議会は、空家等対策計画も作成するので、今後に期待します。

奈須議員を除く、賛成多数で可決されました。

大田区立三棟児童公園の廃止について

所在:本羽田2-9-4  面積:488.73m2 の児童公園が、都営アパートの建て替えに際して、公園の位置を変更して再整備するために、廃止になります。
平成28年1月18日から。

全会一致で可決されました。

●補正予算

住宅リフォーム助成事業

当初予算枠の4,000万円を使い切ったので、1,500万円を追加するための補正予算。

1件、上限20万円の助成です。
戸建住宅、マンションの専有部分には利用できます。

マンションの共有部分のリフォームに活かせないのは不公平だとの意見を区民の方から承っていたので、その点について質疑しました。

あくまで個人所有の建物についての助成制度なので、共有部分については想定していない。
共有部分のリフォームを持分分担して、個人ごとのリフォーム工事として申請された場合、助成可能かもしれない。個別にご相談ください。
とのことでした。

●報告は5件

民事訴訟の提起に係る専決処分の報告

「グリーンプランおおた」の推進について

第158回大田区都市計画審議会の報告

土地の取得(中央5丁目)

中央5丁目 佐伯山の土地を、土地開発公社会計から大田区は取得します。
国からの補助金の関係で、5年分割での土地開発公社会計からの移転となります。
都市計画審議会にて、都市計画緑地に編入されました。

区立佐伯山緑地として、整備されていきます。

ちなみに、土地単価は 1m2当たり、324,000円

全体で 50億円を超えます。

果たして、緑の維持のために、必要なのだろうか。

関連して、南雪谷5丁目公園の整備についても言及しました。

大田区立平和島公園水泳場臨時休業

11/28(土)に、ろ過機のトラブルがあって、朝から17:30まで、臨時休業となりました。

通常は使用していない、ろ過機(2台あって、不調のため1台しか使用していません。)を使用したためトラブルが発生。
急きょ、水道水を補給。
ろ過機からの逆流によって水質悪化したため、休業に。

これらによる、追加費用は、指定管理者側のオペレーショナルエラーのため、指定管理者側がふたんするとのこと。

ちなみに、指定管理者側は平成24年度には、プールのオーバーフローをろ過機に回さなかったというエラーで、余分に水道を使用して、損益を悪化させています。

平成24年以降毎年、指定管理者側の損益は赤字の報告なので、心配になります。

指定管理者は、株式会社オーエンス