熱き若者の思い@東工大

今日は、民主党の代表選挙の投開票の日
次を担う、総理大臣が決定するわけです。
先日、東工大で 小沢一郎氏 菅直人氏 のどちらを総理大臣にしたいか?
東工大の学生・職員の皆様に
インタビューにご協力していただきました。
あわせて、これからの政治に求めることもお聞きしています。
日本の国際競争力を強化する政策
日本の文化発信のための政策

を求める声を、いくつかお聞きしました。
私も、国政が担う役割は、国際社会で名誉ある地位を得ることにある。と考えます。
国民の生活を担うのは、国というよりも、地方自治体が中心にならなければ。
生活者主権、地方分権、などの思いは
地方自治がしっかりすることで、はじめて達成されると思います。
だから、私は地域の政治を。
大田区の政治を身近なものにしたい。

民主党代表選挙2010 @東工大


9月14日投開票の民主党代表選挙を前に
自宅近くの東工大キャンパスにて、
学生の皆様へのインタビューを実施しました。
小沢一郎氏 菅直人氏
どちらを総理にしたいですか?

というアンケート形式で21人の学生・職員の方からご回答いただきました。

結果

  • 小沢一郎    3
  • 菅直人     15
  • どちらでもない 3

菅直人氏が大差をつけて”当選”
菅直人氏を選んだ理由

  • クリーン
  • 東工大の先輩だから
  • 人柄
  • 財政再建に現実的に取り組んでいる
  • 3ヶ月で交代する理由がない

小沢一郎氏を選んだ理由

  • 日本を変えてくれそう

なるほど。
東工大の学生はしっかり考えているなあ、
と思った一日でした。
東工大の皆様、ご協力どうも有り難うございました。