大田区の中小企業への投融資の改革

大田区議会議員 岡 高志です。
2017年の年頭に議員としての活動を振り返ります。

大田区の中小企業への投融資について

私は、議員になる前は12年間、銀行や投資会社に勤務して企業の財務分析や事業再生に関わってきました。
大田区議会議員としてはそうした経歴を持つのは私ひとりですので、中小企業への投融資にもっとも明るいとの自負を持って取り組んでいます。


◎ 損失保証付融資制度の廃止に向けて

2013年10月地域産業委員会。
大田区中小企業融資基金条例では、信用保証協会付き融資に利子補給をしていますが、 信用保証協会の保証が得られなかった企業に対して、 区が直接保証をする損失補償付融資制度がありました。
私から所管課に資料提示をお願いしまして、大田区の損失保証付融資の実績及び区債権残額の推移をだしていただきました。 
おおむね10%強の債務不履行があるこの融資制度に意義はあるのか。
直近では、平成21年度がピークで 101件の申し込みがあったが、昨年24年度は13件の申込(実行は5件)。

一方で、損失補償付ではなく保証協会付で区は利子補給だけをする制度融資は、おおむね 2,500件 250億円の利用実績。
保証協会の審査に落ちたほんの一部をサポートする制度融資が必要なのかと問題提起しました。


2014年1月地域産業委員会。
私が委員会で問題提起していた区の損失保証付融資制度の廃止が示されました。
保証協会の審査に落ちたほんの一部をサポートする制度融資が産業振興の視点において、必要とは思いません。

2014年3月地域産業委員会。
損失保証付融資制度を廃止するための条例改正が提起され可決されました。
ごく一部の損失保証付融資制度のために、大田区産業振興のリソースを使用するのではなく、 新たな成長産業支援に振り向けられるべきであると要望した上で、 本件条例改正に賛成しました。

もちろん、制度廃止だけでなくって、新しい事業への支援も提案しております。

2014年4月地域産業委員会。
4月から大田区の中小企業融資の新制度「チャレンジ企業応援資金」がスタート。
区が全額利子を補助します。つまり、無利子融資。

2016年3月議会質問では、
【Q】中小企業融資基金 55億円(融資のための保証金のような名目で区内金融機関に分散預託している基金ですが、マイナス金利のいま金融機関は預金が欲しいわけではないのです。)は、
引き出して他の事業に活用するべきだと思います。
ベンチャーファンド組成など創業支援に回すことも検討してください。いかがでしょう? 
【A】今後、検討していきます。

D2D9F908-610D-4B45-B736-639FE0FF9551.png


視察: 東京工業大学デザイン工房 〜 戦略的イノベーション創造プログラムの拠点

大田区をイノベーションのまちにしようと、かねてから創業支援施設の視察調査を重ねています。(下記ブログご参照)
この日は、自宅のある大田区石川町に所在する東京工業大学のデザイン工房を視察させていただきました。
5EDD36F5-1F7E-47D7-90B3-AD5F154677C7.jpg
デザイン工房では、FabLabにとどまらず、ExpLab、CoLab、BizLab機能もあって、製品開発、人材育成を推進されています。
0A679132-3365-4B85-B913-6EDBDE6052F4.jpg
6AD2773C-9581-4BD9-B0E8-5DDFEE664913.jpg
デザイン工房は、大学のイノベーション支援施設です。
東工大は日本有数の工業系大学として、機械系にしても様々な専攻に分かれます。そうした専攻の垣根を超えて新しい製品を創造していこうとする動きのひとつとして、【SIP】戦略的イノベーション創造プログラムを推進しています。大田区産業振興協会や区内企業もビジネス現場の立場で連携しています。
東工大から生まれてくる大学発ベンチャーを自治体・大田区が支援することも地域の活性化に意義があります。
大田スプリングバレー構想を推進していきます。
大田区内の製造企業もどこまで連携していけるのか楽しみです。

82A0AF97-DA39-42DC-A7E4-289DF158B8B4.jpg

(写真にはありませんが、)
同じ建物に本格的な工作機械が多数稼働していました。理系大学の装備に驚きました。
お忙しいところ、ご案内いただいた東京工業大学の先生方、職員の皆さま、ありがとうございました。


賞品はなんと!蒲田切子!!

大田区・川崎KAN食キャンペーンのスタンプラリーの賞品が
なんと
蒲田切子
CFD2F125-E7D0-450C-A4FE-E8A625FA983E.jpg
68DF2E95-33F4-405B-8D98-EFC0CA6C06AA.jpg
有限会社フォレスト作成。
自分ではなかなか買えないお高いものなので、うれしいです。
スポーツ・観光推進特別委員会 1月, 2016年でご紹介しましたように、
大田区・川崎KAN食キャンペーンは、大田区・川崎の飲食店20店が参加するスタンプラリー。

1〜3店舗で、
3,000円相当の特産品が25名
4〜9店舗で、
5,000円相当の特産品が25名
10〜20店舗で、
10,000円の商品券!10名!

ホントはなんとか10店舗をめぐりたかったのですが、いい感じのレストランを1/22〜3/8の短期間に数多くまわることはできず、5店舗に終わりました。
どこも、美味しくて居心地のいいお店ばかりだったことは、嬉しい発見です。
蒲田切子とは?
カットグラスのことを切子とよびます。
江戸ではじまった切子を江戸切子とよびまして、日本の伝統工芸品のひとつです。
蒲田切子もその中のひとつに位置づけられます。
いいものだけに、手土産にはお高いし、結婚式の引き出物にもハードルが高いかもしれませんが、
何かの機会に大田区の特産品として贈りたい逸品です。