のら猫の不妊・去勢手術

飼い主のいないネコ、野良猫、の大田区の対策について、
ネコの不妊・去勢手術には、助成金が支払われます。(飼い猫・のら猫問わず。)
不妊手術(めす)
1匹につき8,300円 (区:6,300円、獣医師会:2,000円)
去勢手術(おす)
1匹につき4,150円 (区:3,150円、獣医師会:1,000円)
獣医師会の働きかけもあって出来た制度なので、獣医師会の費用負担があります。
一方で、獣医師会の指定の動物病院でなければ、手術できないため、施術料金が安い動物病院など希望が通らないとの意見があります。
獣医師会の限定を排除した使い勝手のよい制度に見直す時期かもしれません。
事業規模はH24年度予算で 1,615匹分
実績は、メス 833匹、オス 680匹 の計1,513匹
ウチ、のら猫は、メス 321匹、 オス 178匹
隣の品川区は飼い猫とのら猫の不妊・去勢手術を別枠で設定していて、のら猫の場合
メス 8,000円、オス 4,000円
年間予算 メス 200匹、オス 60匹
予算規模は、人口比を考慮すると、事業規模は同じくらい。助成金額は品川区が少し低いが、動物病院の制限はありません。
image-20140114223715.png
大田区保健所のサイトより)
ネコの繁殖能力は意外と強い。
(僕が知らなかっただけですが…)
ネコは交尾の刺激で排卵するので、1回の交尾でほぼ100%妊娠する。
2ヶ月で出産。3〜6匹。
年に2,3回妊娠できる。
そんなわけで、メスネコ1匹から1年で、20匹ものネコになっている可能性があるのです。
(大田区保健所のサイトを参考)
のら猫の不妊・去勢手術を支援しないと、ネコが繁殖して増加。糞害などが発生。
そのため、助成金も必要がある。
飼い猫の不妊・去勢手術に助成金を支出するべきなのか?
ネコを趣味で飼育するのだから、税金で負担するべきではないとの意見もあります。
のら猫をもらって来て飼育を始める人は、不妊・去勢手術の負担をしないことがあり、ネコを繁殖させてしまう。
いつの間にか、狭いアパートに20匹ものネコが︎ なんてことになります。
のら猫をもらって来て飼育を始める人も、のら猫の保護をするボランティアの方も、そののら猫を助けるという点では、変わらない。
飼い猫の不妊・去勢手術にも助成金を支出をする。
もちろん、メスネコに不妊手術をしないで、放し飼いすることは、飼えないくらいにネコが増えるので、絶対やってはいけない︎。
不本意なネコの繁殖を防ぐことが大切ですね。

赤ちゃんと一緒に博物館へ ~ 大田区立郷土博物館

先月12月12日のことですが、
赤ちゃんと一緒に博物館へということで
わが子を連れて、大田区立郷土博物館へ。
赤ちゃん連れでも気軽に博物館へ遊びに来て、大田区の歴史にふれてください♪
という趣旨の企画です。

  • 「ねんじっこお話の会」の皆様による読み聞かせを中心とした親子遊び
  • 郷土博物館の学芸員によるフロアトーク

の二部構成
ちょうど版画の大家 川瀬巴水 の特別展だったこともあり、
学芸員さんたちのガイダンス付で名画を楽しめたのはよい機会でした。
0000.jpg
赤ちゃん企画なので、元気に走り回る子どものことを気にすることもなく、
大人がゆっくり展示品を鑑賞できます。
子どもでも、3階にある昔の生活道具展示では、かなり本格的なママゴトを楽しむことができますわーい(嬉しい顔)
また、2月20日にも開催されますので、ご興味ある方はどうぞご参加ください。
なんといっても、参加費無料です♪
http://www.city.ota.tokyo.jp/event/event_kodomo/akachantoissho_25.html
ちなみに、大田区立郷土博物館は、アメリカ マサチューセッツ州セーラム市のピーボディ・エセックス博物館 Peabody Essex Museum と姉妹館提携を結んでいます。
大森貝塚を発見したことで知られる、エドワード・モース氏が館長を務めていた縁があります。
そうした文化交流があって、大田区とセーラム市は姉妹都市となっています。

大田区新春のつどい 2014

新年最初の公務 区役所主催新年会 大田区新春のつどい に出席しました。
今年は、暦の関係で1月6日が仕事始め。
年末年始の休暇が長く感じられた方も多いことでしょう。
産業プラザPio大ホールはぎっしり人が詰まっていました。
1,200人ほど町会長さんなど地域団体・関係団体の役員の方々が参加されていました。
今年は、大田区在住の書家 金澤翔子さんの揮毫した書が飾られまして、
お正月らしい雰囲気がでていました。
金澤翔子さん直筆の名刺も頂戴いたしました。
金澤翔子
上の画像は、区報からCut&Paste
いい写真を撮らなきゃいけなかったですね…

金澤翔子さんは、私よりも若い方ですが、大変活躍されています。
私も頑張ってまいります!