総務財政委員会 12月, 2016年

12月の総務財政委員会

●報告は3件


(仮称)大田区実施計画(概要説明)



大田区の10ヶ年計画おおた未来プランから注力分野を絞った実施計画を策定しています。最終確定は、年度末。

各事業ごとに今後3年間の事業費を明示するというのが、今回のポイント。
今後の予算見積もりが、議員・区民に明らかにされるので、意義のある取り組みです。
必ずしも全ての金額が明示はされない、
そうですが、徹底されるように注視してまいります。



平成29年4月1日付 組織改正(案)

来年度の組織改正。


福祉部に、
子ども生活応援担当課長
指導監査担当課長
など
新たに設置されます。

待機児童担当課長は、保育サービス推進担当課長に衣替え。

子ども生活応援担当課長は、子どもの貧困対策の司令塔になります。

指導監査担当課長は、福祉部関連の福祉・介護事業者への指導監査を担当。私もかねてから、福祉・介護事業者への監査の必要性を申し上げてきましたから、具体的に体制が整備されたものと評価いたします。

保育事業者の指導監査は、子ども家庭部の保育サービス推進担当課長が担当。待機児童担当という、保育園の新設だけでなく、既存の保育事業者の質の担保に関与する担当にはなるので、今後に期待です。

大田区制70周年記念事業

大田区イメージソング〜笑顔、このまちから〜をヴァイオリンバージョンで演奏する千住真理子さんと口調との対談イベントがあります。


12月21日 午後2時〜2時40分
於: おおた文化の森



{6D7484AD-AA69-40DB-B0DB-CB2D2D4F382E}

写真は、委員会室のある区役所10階からの眺望。冬の澄んだ空に富士山が映えます。


●次回の総務財政委員会は 1月13日 開催です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です