大田区におけるLGBTQ対応

大田区議会議員 岡 高志 でございます。
東京都では、小池都知事がダイバーシティの尊重を掲げられています。
LGBTQへの対応として大田区では区立学校におけるLGBTQへの理解教育も取り組んでいます。
さらに、職員の育児休業条例の審議にあたって、配偶者に同性パートナーが含まれるのか、私は提起しました。

条例では「配偶者」の介護などの事由で休業できますが、「配偶者」に同性パートナーは含まれるのか?
他区では運用上、認めることもあるということでしたので、大田区でも職員の請求があれば対応するように要望いたしました。
あくまでも、区職員についての条例ですが、地域にLGBTQが受け入れられてる地域だとのアナウンスであってとても意義があります。
すべての人にとって住みよいまちになるよう働いてまいります。