北蒲広場は北蒲小学校跡地で、北蒲小学校の同窓会も解散するそうで

北蒲広場

ほっぽひろば

と読みます。
もともとは、北蒲小学校でして、跡地が活用されてます。
北蒲広場の名前で、運動場、体育館、多目的室(教室)が使用できる区民活動施設です。

適応指導教室「つばさ」(不登校の小中学生向けの教室)もあります。
8014F7AA-449D-43B3-8D21-851FC5A75DB4.jpg
小学校跡地は、区民活動施設だけでは使い切れないので、
産学連携施設も。
いわゆるインキュベーションオフィスです。
おおた少年少女発明クラブ
青いノボリが立ってます。
ものづくり大田区のものづくり教育の一環として、通年型の子ども向けものづくり教室が産学連携施設の一室で開催されてます。
実は、私も子どもの送迎に来ておりました。002618B1-FB10-4839-B451-B5DB5DA1C8BC.jpg
保護司会の更生保護サポートセンターもあります。
保護司会は各地にありますが、大田区は区長との関係性もあって、保護司会のためのセンターが設置されています。この場所で、保護対象の少年と面談ができるなど、保護司の活動を支えることができています。
925C7934-CD30-4325-BE72-2BC199481D9A.jpg

こうやって、廃校になった学校施設が有効活用されてることに強い興味を持ちます。

大田区の学校の多くがこれから耐用年数を迎えます。
統廃合も有意義な選択肢となるでしょう。
廃校になった校舎が有効に活用されることは、廃校という寂しさを吹き飛ばす何かかもしれません。


さて
北蒲小学校の最後の同窓会があるそうです!!
6月11日
99035E4A-A649-4EA3-86E0-3CC4D5EA753A.jpg
関係者の方はぜひご参加を!