トイレの洋式化を推進しています。

大田区議会議員岡 高志です。2016年の終わりに議員としての6年の活動を振り返ります。

トイレの洋式化推進について
個人宅のトイレが洋式トイレばかりになって久しいのに、学校などの公共施設のトイレが和式トイレが多いのはおかしい。そう思いまして、学校トイレの洋式化を推進する地方議員ネットワークに参加しております。
大田区の学校では、改修時には、洋式化していく方針となりました。
学校だけでなくて、公園の公衆トイレの洋式化も推進しております。

2014年9月都市整備委員会での私の発言。
多くの公衆トイレが、昭和50年代に設置されたもので、バリアフリー対応もされてなく、更新の必要がある。 全体で477のトイレのうち、90ヶ所程度しか、バリアフリー対応の誰でもトイレになっていない。誰でもトイレを設置するコストが概ね1,300万円。つまり、全てを誰でもトイレに移行するのに約50億円。 3年計画などで順次、公衆トイレのバリアフリー対応を進めるべきです。

個人的には、洋式トイレには、便座クリーナーを附置したいです。

東京都の小池都知事も、2017年度のトイレ洋式化予算を37億円計上することを決めたそうです。(2016年度当初予算 8億円)
女性知事らしい気づきだなと思います。

この機会に、大田区のトイレ洋式化を力強く推進してまいります。

E5AD5A0C-1C31-4815-9D2A-FFF3832C5034.jpg