夏休み明けの自殺予防の重要性

大田区議会議員として、子どもの自殺予防に取り組んでいます。
大田区で毎年のように子どもが自ら命を絶つ事件が発生していることがあるほか、
2年前の9月5日の小6女子児童の飛び降り事件があまりに衝撃的でしたから、
子どもの自殺予防に取り組んでいます。
センシティブな案件として、慎重に扱うあまり、事実が隠ぺいされてしまうことも多いでしょう。
でも、失敗から学ぶために、
なぜ?
は必要。
ともかく、夏休み明けに子どもの自殺は多いことは事実であり、
文部科学省からも注意喚起をしています。

保護者のみなさんも、
夏休み明けは、子どもの様子をよく注意してくださいね。
まさか、ウチの子が。。。
というのは、よく聞く話です。