平成27年度 大田区 待機児童対策 保育園開設ニュース

大田区の平成27年度の待機児童対策について更新していく投稿です。
※ 新しい保育所の開設情報など
保育園入園の申込については、「保育園の申込締切@大田区 相談はお早めに」もご参照ください。
2016.2.29 委員会報告
● 認証保育所(仮称)ナーサリールームベヒーベアー大森西
H28年4月オープン
大田区大森西3-28-5
定員 25名
(0歳 3人、1歳 10人、2歳 12人)
※保育ルームフェリーチェ平和島園 閉園後の施設活用によるもの。
● 事業所内保育所(地域型保育事業)開設
H29年4月オープン
(事業者公募は東京工業大学が実施)
大田区石川町1-1-18 東京工業大学 国際交流会館本館内
東京工業大学が設置者として、大田区も資金負担をする区の認可事業として児童福祉法に位置付けられた地域型保育事業。
大田区で初の取り組みです。
定員 12名
(従業員枠6人、大田区枠6人)
2016.1.15 委員会報告
● 大田区の土地建物一括借上による保育所整備
H29年4月オープン
大田区仲池上1-8-6
運営主体 株式会社ベネッセスタイルケア
● 小規模保育所(仮称)ディルーカ保育園 蒲田園
H28年4月オープン
大田区新蒲田1-5-1
定員 19名
(1歳〜2歳)
● 小規模保育所(仮称)キッズラボ西馬込園
H28年4月オープン
大田区西馬込2-35-3
定員 16名
(1歳〜2歳)
● 小規模保育所(仮称)保育ルームOhana梅屋敷駅前園
H28年4月オープン
大田区大森西6-15-10
定員 19名
(1歳〜2歳)
● 認証保育所 おひさま保育園(設置者 社会福祉法人 行道福祉会)運営主体の変更
大田区矢口3-34-12
おひさま保育園の運営主体が、平成30年4月から変更になります。
今年4月以降、新法人の公募が実施されます。
現在の、社会福祉法人 行道福祉会の運営のもと、O-111の集団感染が発生した過去もあります。
当時の委員会議事録をご参考まで。
image.jpeg
【追記 2016.9.21】
新運営会社が、公募選定の結果、
社会福祉法人 みどりの森
(さいたま市見沼区大字南中丸939-5)
が選定されました。

2015.11.30 委員会報告
● 認証保育所(仮称)ヒューマンアカデミー蒲田保育園
H28年4月オープン
大田区西蒲田8-12-6
定員 36名
(0歳 6人、1歳 18人、2歳 12人)
● 小規模保育所(仮称)こばとスマート保育所北馬込
H28年4月オープン
大田区北馬込2-1-1
定員 19名
(1歳〜2歳)
● 他。認証保育所 保育ルームフェリーチェ平和島園(設置者 株式会社アルコバレーノ)が、職員の確保が困難になったため、年末に閉園
在籍児については、近隣の保育園が受け入れます。

35B656EF-9A8D-4F77-A0A6-62CFF5012C53.jpg
2015.9.16 委員会報告
● 小規模保育所(仮称)キャリー保育園 田園調布
H28年4月オープン
大田区田園調布2-45-9
定員 19名
(1歳〜2歳)
● 認証保育所(仮称)チャレンジキッズ北千束園
H28年4月オープン
大田区北千束2-7-1
定員 72名
(0歳 9名、1歳 12名、2歳 6名)
2015.8.14 委員会報告
● 小規模保育所(仮称)チャレンジキッズ長原園
H28年4月オープン
大田区上池台1-7-7
定員 19名
(1歳〜2歳)
● 小規模保育所(仮称)こどもヶ丘保育園東矢口園
H28年4月オープン
大田区東矢口3-11-27
定員 19名
(1歳〜2歳)
2015.7.15 委員会報告
● 認可保育所(仮称)馬込ここわ保育園
H28年4月オープン
大田区南馬込1-1-6
定員 120名
(0歳 6名、1歳 18名、2歳 21名、3歳 25名、4歳 25名、5歳 25名)
● 小規模保育所(仮称)このえ鵜の木小規模保育園
H28年4月オープン
大田区鵜の木2-20-7
定員 19名
(1歳〜2歳)
● 小規模保育所(仮称)このえ南六郷小規模保育園
H28年4月オープン
大田区南六郷2-7
定員 19名
(1歳〜2歳)
● 小規模保育所(仮称)こどもヶ丘保育園雑色園
H27年10月オープン
大田区仲六郷2-32-5
定員 19名
(1歳〜2歳)

2015.6.16 委員会報告
● 認可保育所(仮称)グローバルキッズ大森西保育園
H28年4月オープン
大田区大森西2-15-24
定員 72名
(0歳 6名、1歳 12名、2歳 12名、3歳 14名、4歳 14名、5歳 14名)
● 下丸子グループ保育室
H28年1月オープン
大田区下丸子4-25-1 シルバーピア下丸子3階
定員 9名
● 平成26年度 待機児解消に向けての取組み状況
平成26年度全体で、1,049人の保育サービス定員が拡大見込み。
これで定員合計は  12,880人
うち 認可保育所  10,523人(+637)
認証保育所  1,820人(+175)
小規模保育所 128人(+128)
定期利用事業  220人(+89)
保育ママ    134人(+20)
昨年度に引き続いてブログで委員会で報告される待機児童対策を更新します。
保育園入園Q&A「保育園の申込締切@大田区 相談はお早めに」もご参照ください。
申し訳ありませんが、情報の正確性は保証しません。
詳細は大田区保育サービス課にお問い合わせください。

4件のコメント

  1. はじめまして。
    大田区蒲田に住む、30代の父親です。
    保育所が増え、待機児童が減ることは大変良いことだと考えます。
    一方、保育士さんの待遇改善については、どうお考えですか?
    現在、自身の子どもを保育園に預かっていただいていますが、
    毎年、保育士の先生方の退職が少なくないことが気になっています。
    待遇が良くないことだけが退職の理由だと断定できませんが、
    少なからず、影響があるのではと思っています。
    国レベルでの取り組みが必要かと思われますが、
    岡先生のご意見を聞かせていただければ幸いです。
    以上、よろしくお願い致します。

  2. コメントありがとうございます。
    保育士の待遇改善は、公務員の保育士などの団体から常に声が上がる論点です。
    もちろん、働く立場から待遇改善の声が上がるのは当然のことです。
    待機児童対策で保育所が増加すると、保育士の需要が高まります。
    すると、保育士の賃金は上昇します。待遇は改善されます。
    保育士の全体量を増やせばいいのですが、保育士資格は簡単にはとれません。
    是非とも、新しく保育士になる人は増えて欲しいです。
    もちろん、国の保育園への助成制度に待遇改善の要素はあります。
    大田区でも、保育所の借り上げ社宅への家賃補助をスタートしています。これも、待遇改善につながります。
    こんなに待遇改善がなされてる保育士マーケットですが、
    退職者はいます。
    どこの保育所でも働けますから、待遇がよりよい保育所に転職している可能性もあります。
    精緻に調査はしませんが、大田区内の認可保育所の平均給与は上昇しているとの事実もあります。
    人手が足りない保育士マーケットで、待遇が悪化している事実はあるのでしょうか?

  3. 大田区在住二児の母です。
    認可保育園の結果が発表され、我が家は入れませんでした。
    最近保育園開設が増えており頑張ってますが、多摩川線沿線、特に下丸子~多摩川にかけて認可が増えるといいのにと周囲の母達は言っています。
    我が家の1人目は認可保育園に入ってましたが、2人目の産休育休に入るタイミングと転園が重なり、保育園を退園させられ、延長保育のある幼稚園にいれました。
    一年で転園する子どもの心的負担と、入園料や制服代などの経済的負担を考え、卒業まで働きながら預けられる幼稚園を探しました。
    同じ育休中なのに退園することなく上の子を保育園に預け、兄弟が保育園にいるので兄弟点数がもらえ、下の子も認可保育園に決まっている友達もいます。
    幼稚園の延長保育代も高く、下の子を認証保育園にいれる余裕はない我が家は、認可に入れないと退職を考えています。
    同じ育休中でも、保育園に預けられる人退園をさせられる人、その後の兄弟の入園まで影響がでてきて、経済的負担も差が生じます
    同じ認可でも入った園によって後々不平等が生まれるのはおかしいと思います。
    転園のある園に入った子は、次を産まないか産む時期を考えなさいね。と言われている感じもしました。
    このような思いをしている方は少ないながらもいると思います。
    増やすだけでなく、そのような面も今後解消していってもらえることを切に願っております。
    よろしくお願いいたします。

コメントは停止中です。