(岡高志のコメント付)大田区の平成28年度予算案

大田区の平成 28年度予算(案)が公表されました。3月の区議会予算特別委員会で審議された後、議決されます。私も区議会議員として、予算特別委員会にて意見してまいります。
今回のブログでは公表された予算案を私の簡単なコメントを交えつつ紹介します。そんなわけで、ほとんどを大田区のホームページの予算案説明文を引用します。

「暮らしてよし、訪れてよし、地域力あふれる国際都市おおた」の実現に向け、大田区ならではの先駆的な取り組みを進める予算案。

子どもたちの成長を育むため、妊娠届を提出した妊婦全員に対する保健師や助産師などによる面談や、
保育園待機児童解消に向けた対策強化等、出産から育児まで切れ目なく支援する予算を充実。

出産や育児に関する「大田区からの情報」を、出産予定日に合わせてタイムリーに提供する「大田区きずなメール」始まります。

全国初の大都市モデル「大田区元気シニア・プロジェクト」の展開による日本一元気な高齢者が暮らすまちの実現、
ものづくりのまち大田ならではのオーダーメイド型福祉用具の製作、福祉と医療のさらなる連携強化。

少子高齢化対策として、高齢者向け施策に重点がおかれるのは 大田区らしいところです。

2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催を契機に、新スポーツ健康ゾーンの整備や競技会場の誘致。

新スポーツ健康ゾーンとは、ふるさとの浜辺公園に整備予定のフットサルコートなど。大田区では、ソフトボール競技の誘致を目指しています。

全国に先駆けてスタートした「特区民泊」の取り組みがリーディングケースとなるよう着実に実施し、観光施策や産業施策との連携を強化しながら、多くの来訪者をおもてなしの心を持ってまち全体で迎えてまいります。

「特区民泊」の取り組みとは、「特区民泊」利用者に向けた情報提供や、銭湯の手ぶら入浴セットの提供。

将来の人口構成の変化を見据えた都市の将来像を区民の皆さまと共有し、地域特性を生かした魅力あるまちづくりを進めてまいります。
《蒲田-大森-臨海部-羽田空港》の陸・海・空の交通結節機能を強化した「スクエア」なまちづくりをはじめ、 18色のまちづくりや新空港線の整備を進めるなど、環境にやさしい暮らしやすくにぎわいのある「国際都市おおた」にふさわしいまちづくりを加速してまいります。

大田区では、3月のまでに、人口動態調査を実施しまして、各種の行政計画に反映されます。
「スクエア」なまちづくりってなんでしょうね?

一般会計の予算規模は 2,573億 6千万円余で、前年度比約 72億円、2.9%の増額予算とし、過去最大の規模。