マイナンバー: 番号通知カードと個人番号カードの交付 大田区の場合

マイナンバー
これからずっと政治課題になります。
国民一人一人の税と社会保障の情報を整理するための新制度。

行政管理コストの低減も期待できる一方で、個人情報の管理も課題です。

些末な話ですと、マイナンバー詐欺なるものもあるらしいので、ご注意を。

当面の事務手続について、みてまいります。

個人番号通知カードが発送されました。
大田区では、昨年11月中旬から。
大田区は大きな自治体でありまして、
世帯数は、373,847件
1ヶ月ほどかけて配達しましたが、
全体の13% 48,988件は、受領されず、大田区に返還されています。
この返戻分は、区役所本庁舎1階で受け取れるのですが、連日長蛇の列。
郵送での再配達もかけながら、3月までは、返戻業務をするそうです。

個人番号カードの交付 は、1月末頃からスタート予定。
1/14時点では、14,412件の申請にとどまっています。
最終的にどれだけ、個人番号カードが交付されるのでしょうか。