蒲蒲線・新空港線はどうなったのか?

4月の大田区長選挙に出馬表明した岡 高志でございます。

JR東日本が昨日、羽田空港アクセス線(仮称)の環境影響評価手続きの実施について 「東山手ルート」、「アクセス新線」を対象に環境影響評価手続きの実施に向けた準備を進める。との発表をしました。
https://www.jreast.co.jp/press/2018/20190220.pdf

大田区では、羽田空港〜京急空港線〜蒲田〜東急多摩川線〜東急東横線〜東京メトロ副都心線とつなげていく蒲蒲線(新空港線)を推進しています。京急と東急の蒲田駅が徒歩10分程度離れている。〜蒲田〜 がつながっていないことをつなげる路線を整備しようと、長年研究だけして何も進んでおらず、巷の話題だけ提供する地元の悲願であります。

羽田空港が2010年10月に国際線の定期便が復活した再国際化によって、利用者数が増加して、交通アクセスの強化が求められることになり、蒲蒲線(新空港線)も陽の目をみることになりました。

日本空港ビルデング株式会社(2017年11月)決算説明会資料より引用


東急電鉄が多摩川線を羽田空港まで延伸する、
京急空港線に乗り入れする、
京急蒲田駅まで延伸して(かなり手間であるが)上下移動により乗り換える。
現実的な案を行政と事業者は検討しています。

大田区は機が熟したと考えたのか?
2017年度予算で蒲蒲線・新空港線の整備主体(三セク)設立のための出資金1億8,000万円を計上。

2017年の大田区議会では、具体的に蒲蒲線・新空港線の計画が進むのか?ということで、活発な議論をしました。

三セクへの出資比率は工事費の負担割合に影響するから、極めて重要なテーマ。行政執行部が長期にわたる費用負担をヘタに約束してきやしないか納税者の代表たる議員は懸念します。
私は適切な負担割合を議論すべく利用者の時間短縮の便益のうち大田区にとっての便益の比率はわかりますかと、松原忠義区長に質したのですが、東京都と協議中なので現時点では答えません、そんな残念な答弁でした。

議会でまともに説明できない状況だからか、東京都との整備推進に向けた協議も進まず、2017年度内の整備主体設立は成らず。
出資金として計上された1億8,000万円は2018年度に持ち越し。
そして、あろうことか、

2019年度予算案にも、蒲蒲線・新空港線の整備主体(三セク)設立のための出資金1億8,000万円を計上。
3年連続3回目の予算計上!!!

別に当初予算に計上しなくても、三セク設立が決まったところで、補正予算で計上すればよいだけのことなんですが。

大田区2019年度予算案概要より。
http://www.city.ota.tokyo.jp/kuseijoho/suuji/yosan_kessan/yosan/31yosan/31yosanann.html

大田区現職の松原忠義区長は、区長任期を3期12年に制限する多選自粛条例を自ら定めていたものの、多選自粛条例を自ら廃止して、今年4期目の選挙に出馬します。この2年間の2大テーマだった『中央防波堤埋立地の帰属問題』 『蒲蒲線・新空港線』で何の成果も出せなかったにも関わらず。。。